旅男ライフ

旅する男のチャレンジライフ=「TABIO-LIFE」。 自転車、山、ヒッチハイク、DIY他。あれこれ興味のある事に挑戦したりしなかったり。最近は雑記も少し。

【欧州自転車編04】メテオラ、奇岩の上の修道院

      2017/06/24

1377

もうすぐ19時、6月の長い陽もそろそろ傾いてきた。

正面奥に見える岩山の辺りがおそらくメテオラ。
カランバカ(Kalambaka)の町はその麓にある。

疲れの溜まった脚に力を込め、僕は自転車のペダルを再び漕ぎ出した。

 

※画像が暗く感じる人は…
スマホで見ている人に多いんですが、「画面の明るさ調整」をすると画像本来の明るさで見ることが出来ます。

 

1378

19時過ぎにやっと予約しておいたカランバカの宿に到着。

宿のおばちゃんはフレンドリーでよく喋る人。
アテネから一週間かけて自転車で来たと言ったら驚かれた。

積んでいた荷物を部屋に運び入れてシャワーで一週間分の汗を流し、さっぱりしたところで町を歩いてみる。

 

1381

夕方の広場は沢山の家族連れで賑やかな様子。

 

1383

串焼きの店でエネルギーを補給して体力の回復を図る。

明日はいよいよメテオラ、岩山の上にそびえる修道院を見てこよう。

 

本日の走行距離 78km
アテネからの合計 503km

 

スポンサーリンク

8日目 - ギリシャ

今日は自転車はお休み。

宿のおばちゃんが「もし良かったら一人4ユーロで修道院のある山の上まで車で送ってあげる」というので、ドミトリー同部屋の2人と一緒に行ってみた。

9時過ぎに到着。
観光バスがたくさん止まっている辺りで降ろしてもらうと、そこにあったのが…

 

1386

どん!

これがその岩山の上に建つ修道院。

この地域にあった奇岩群に最初に修道士が住み始めたのが9世紀。
その頃は自然の岩の裂け目や洞窟で暮らしていたらしいが、14世紀頃に修道院共同体が成立したらしい。

一帯には同じように岩山の上に建てられた修道院がいくつもあって、それらが総称してメテオラと呼ばれている。

 

IMG_1393

まるで要塞のような威容を誇るメタモルフォシス修道院(大メテオロン修道院)。
6つあるメテオラの修道院の中でこの修道院が一番大きい。

 

IMG_1396

昔は左の塔のような部分からロープを降ろして荷物を引き上げていたんだとか。

 

IMG_1399

繰り抜かれ、石畳が敷かれた通路を通って内部に入る。

 

IMG_1403

光を取り込むための大きな窓。

 

IMG_1407

断崖絶壁ギリギリに建っているのが分かる。

 

IMG_1402

この修道院はかなり広くて中庭もあった。

 

1419

岩山の頂上に修道院があるのも珍しいが、建物そのものもなかなかに見応えがある。

 

1410

当時使われていた道具が置かれたキッチン。

 

1415

こちらの部屋では水やワインが保管されていたんだろうか。

 

1435

歴代修道士の納骨堂なのか、たくさんの頭蓋骨の置かれた部屋もあった。

 

1420

メテオラから見下ろすカランバカの町。

 

1437

上ってきた階段を下りて次の修道院へ。

 

1445

お隣のヴァルラアム修道院。

 

1446

時間などの関係でここは外から撮るだけ。

 

1457

次はアギア・トリアダ修道院へ。
ここもまた上りがキツい。

 

1459

岩を繰り抜いて造った通路。

 

1460

ここで物を落としたら諦めるしかない。

 

1462

荷物を吊り上げるのに使われていた滑車とフック。

 

1464

山頂だけあって見晴らしはどこも抜群。

1466

そそり立つ垂直の岩壁。

 

1468

帰る際に出入口でくれたお菓子。
麩のように柔らかくて砂糖がかかっているのか甘かった。

 

1471

日向は相当暑いが、日陰はひんやりしていて快適。

石段を降りて次の修道院へ向かう。

 

途中、レンタカーで近辺の国を回っているという日本人男性と出会い一緒に行くことになった。

 

1488

最後に寄ったのはルサヌ修道院。

 

1486

小さいけれど立体感のある庭が美しい女子修道院だ。

 

1489

これは土産用に販売されていた小石で、手書きの絵がとてもいい味を出している。

これを買おうか迷ったんだけど、僕は身に着けるものが欲しかったのでミサンガにしておいた。
それを足首に着けてアンクレットにする。

 

【アクセス】

ちなみに町からメテオラまではバスだと約20分だが、運行が一日2本程度と利便性は低い。
徒歩ならバスと同じルートで1時間、急斜面を登る階段を使えばアギア・トリアダ修道院まで30分とか。

それぞれの修道院の距離も徒歩だとそれなりにあるので行く人はそのつもりでどうぞ。
入場料は2016年6月現在、各3ユーロ。

 

現在修道院は全部で6つあるが、暑い中階段を上るのも毎回しんどいし、個人的にはこれぐらいでもう十分満足。

帰りは3人そろって日本人男性のレンタカーで町まで乗せてもらった。

 

15時ごろには宿に戻り、しばし休憩。

ベッドに転がってこの先のルートをどうしようか考えていたが、カランバカ→コザニ→国境→ビトラ→オフリド、というコースで行くことに決めた。

 

晩は今日一緒にメテオラを回った同部屋の2人と近所の串焼きの店へ行き、ひさしぶりの会話のある食事を楽しんだ。

明日からはまた移動。
次の国、マケドニアまではあと少し。

 

本日の走行距離 0km
アテネからの合計 503km

 

【欧州自転車編05】ギリシャ、マケドニア国境を越える

 

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

よく読まれている記事

1534 1
【自転車旅行の持ち物リスト】僕がヨーロッパ縦断した際の装備を公開します

このページでは、昨年僕がやった「自転車によるヨーロッパ縦断チャレンジ」の際の装備 ...

map-Japan3 2
【日本の離島】トップ108島+αの面積ランキング!人口データ付

日本の島って全部でいくつあるか知ってますか? 定義としては高潮の時も水面上に出て ...

自転車旅の服装、おすすめウェア 3
【自転車旅行の服装】これだけあれば安心!旅で失敗しないおすすめウェアと選び方

「よし、自転車で旅に出よう!」 そう決めたのは良いけれど、いったいどんな服装をし ...

banff-canada02 4
【2017 全データ】世界のアウトドア映画祭「バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル」が今年は…

さて今日は祝日「山の日」ということで、山っぽい話題でいきます。 それがこれ、もは ...

Kisuke 5
大阪梅田のうどんをほぼ制覇した僕が選ぶ、絶対食べてほしいおすすめ店

夏ももう半分以上終わりましたね。時間が経つのが早すぎてヤバいです、ホントに。 こ ...

 - 東ヨーロッパ縦断自転車の旅


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です