旅男ライフ

旅する男のチャレンジライフ。自転車、山、ヒッチハイク、その他まだ書き切れないことも色々。とにかく興味のある事にあれこれ挑戦してます。最近は雑記も少し。

旅男のプロフィール

ウシュアイアの宿にて。

「パタゴニア徒歩1,000km」を達成してたどり着いた南米最南端の街、ウシュアイアの宿にて。

こんにちは!
出不精ではないけれど、筆不精なKOUです。

「このブログはいったいどんな奴が書いてんの?」って気になる人も多少はいるかも?ってことで、ここで僕の履歴の一部を晒してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

これまでのこと

大阪

僕は大阪生まれの大阪育ち。自分では結構地元愛がある方だと思ってます。

趣味は「ウマいもんを探すこと」と「行ったことのない場所へ行くこと」。

ウマいもんは何でも好きなんですが、ここ最近は特に「うどん」と「日本酒」が大好きです。

今も基本大阪に住んでいるんですが、これまでいろんな場所でいろんな事をしてきました。

 

南米

大学生の時には休みを利用してスペイン語を学ぼうと、飛行機のチケットだけ買って南米のエクアドルへ。現地を数日歩いて回って学校を決め、その街で2ヶ月半ほど暮らしました。

prof-quito2

最初はホームステイしてたんですけど、費用が高いのとその家の息子(といっても結構なおっちゃん)が金を貸してくれ貸してくれとたびたび部屋にくるのが嫌になって別の宿を探し、とある安宿に落ち着きました。

そこは当時個室としてはおそらく南米一リーズナブルな激安価格で、僕は屋上に住んでいたんですが、雨が降ると毎回天井から雨漏り。そして一階二階はなんと連れ込み用のいわゆるラブ○でした。

でもそこのスタッフがとてもフレンドリーで良い人たちで、本当に居心地良かったんですよ。

この時の南米滞在ではスリや置き引き、強盗にも2回遭ったけど、その後ずっとトークのネタとして使えてるので長い目で見れば損はしてないのかな……なんて思ってます。

 

映画

prof-Queenstown

ニュージーランドでハリウッド映画のロケに参加させてもらった時は、応募の電話をした時点で大阪の面接会場はもう定員オーバーで締め切り。

「あとはもう明日の東京面接しかないんですが…」という事実を突き付けられました。この時点でもう日は暮れてたと思います。

そこで即夜行バスのチケットを取り、東京へ。何とか面接にも間に合い、無事合格して参加できることになった時にはやっぱり嬉しかったですね。

実際参加してみると、撮影だけでなく衣装やメイクや食事などの裏側も見られたのが面白かった。なるほど、ハリウッド映画っていうのはこうやって作ってるのかって。

撮影終了後はそのギャラでニュージーランドを一周するヒッチハイクの旅にも出て、3ヶ月くらいかけて回りました。

 

富士

prof-Fuji

僕の中には「人と違うことをやりたい気持ち」があって、それが時々表に出てきます。

富士山を登った時にはどうせ行くならと一番下から、と山梨側にある麓の神社から一人で登ってみました。

降りる時は静岡側の「村山古道」っていう今は使われていない江戸時代の古い道を通って麓まで降りようとしたら、道に迷って遭難しかけてしまったり。

熊に遭ったら怖いなと思ってたんですが、日暮れ前になんとか車道まで出られたんでセーフ。

 

自衛隊

prof-jieitai

民間人でも所定の訓練を終了すれば予備自衛官になれる、予備自衛官補という制度の創設を知って実際に訓練を受けたりもしました。

自分の故郷や国を自分たちで護るのは当たり前のことだし、専業の自衛官じゃなくてもその手伝いが出来るんならやっぱり何かしたいじゃないですか。

訓練中は自衛隊敷地内に泊まり込み、食事はもちろん風呂もすべて同期の仲間と一緒の合宿生活。毎朝6時の起床ラッパが少しだけ懐かしいです。

 

震災ボランティア

東日本大震災の時はちょうど仕事を辞めたタイミングだったこともあり、半月ほど現地に泊まり込んでボランティアしました。

prof-volunteer

1日だけとか2日だけとか短い人も多かったんですが、予想外に外人さんが多かったのが強く印象に残ってます。東京に住んでる外人さんとかが来てくれたりしてました。

混合チームでスコップ担いで現場まで行って、側溝のヘドロを掻き出したり家の床板を剥がしたり。

仕事を終えて汗まみれ泥だらけになった後は、みんなで自転車に乗って自衛隊の被災地支援部隊が設置してくれていた仮設風呂に入りに行くのが楽しみでした。

 

そんなこんなでたぶん人よりちょっとだけ変わった体験が多いんで、それらを文字に残したいと思ったのがブログを始めたきっかけです。

「長期旅系」ではこれまでこんな事をやっています↓

 

長期旅

日本一周ヒッチハイク
北は北海道の稚内から南は沖縄の波照間島まで。約7ヶ月かけて、最低でも一県一泊というルールで47都道府県すべてを巡ってみました。乗せてもらった車は計400台近く。ヒッチハイクの楽しさにハマり、今でもたまにやっています。

日本一周の序章、北海道一周ヒッチハイク

 

ニュージーランド一周ヒッチハイク
南島3ヶ月、北島1ヶ月の計4ヶ月かけてNZ全土をヒッチハイクのみで回りました。この時見た星空はこれまでの人生でも最高のものの1つ。

 

南米徒歩1,000kmチャレンジ
南米チリのパイネ国立公園を8日間かけてトレッキングで一周(約140km)し、さらにその終点から大陸最南端の街、アルゼンチンのウシュアイアまで合計1,000km超を歩き切りました。かかった日数は合計で約40日。

パタゴニア1000km徒歩の旅

 

東ヨーロッパ縦断自転車4,000kmチャレンジ
ギリシャの首都アテネからスタートして北へ向かい、マケドニア、アルバニア、モンテネグロ、クロアチアなど12ヶ国の国境を越えてバルト海沿岸の港町グダニスク(ポーランド)まで。およそ4,000kmの道のりを、時にはテントを広げ、時には安宿に泊まりながら自転車で一人走りました。

東ヨーロッパ縦断自転車の旅

 

まだ書いている途中のものが多いですが、追加で少しずつUPしていこうかと思ってます。

記録したいこと、伝えたいことはメチャクチャあるんですけどね。

量の膨大さに意欲を殺されそうになることもありますが……頑張れ、自分。

 

今後の予定

そして今後はアラスカ横断となるカヤックでのユーコン川下りのチャレンジや、オーストラリア奥地の無人地帯をオフロードバイクで走破するチャレンジを予定しています。

他にもちょっと珍しい免許を持っていたりもするんで、そっち関係もそのうち書いていければなんて思ってます。具体的にいつ出来るかは全然まだ読めないけれど。

 

ちなみにキャンプ、釣り、カヤック、バイクの整備、メヘンディ、料理なども勉強中なので、もし「暇つぶしがてらに教えてやるよ!」っていう親切な人がいれば、是非こちらの連絡フォームからよろしくお願いします!

 

【トップへ戻る】

この記事をシェアする!

KOUのおすすめ記事

1152 1
【欧州自転車編01】自転車で東欧を縦断し、アテネからバルト海を目指す

ギリシャの首都であるアテネはヨーロッパのほぼ最南端に位置しています。 そこからヨ ...

IMG_6598 2
【必見の超模型】製作に14年かけた手作りのエキスポタワーが凄すぎる

万博記念公園内のEXPO'70パビリオンで開催されていた「建築の記憶」展の様子を ...

1488 3
【北海道一周ヒッチ1】北海道を一ヶ月かけてヒッチハイクで回った話

これは僕が初めて日本国内を1ヶ月以上の長期で旅した時の話。 当時の日記と記憶を元 ...

banff-canada02 4
【異変の2017】世界のアウトドア映画祭「バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル」が今年は…

さて今日は祝日「山の日」ということで、山っぽい話題でいきます。 それがこれ、もは ...

IMG_0992 5
大阪渡船場巡り(1)自転車で川を渡る<地図・ルート解説あり>

  こんちには! 旅先でも地元でも、船に乗ると自然とちょっとテンション ...

公開日:
最終更新日:2017/09/23