旅男ライフ

旅する男のチャレンジライフ。自転車、山、ヒッチハイク、その他まだ書き切れないことも色々。とにかく興味のある事にあれこれ挑戦してます。最近は雑記も少し。

「本物の冒険家」と「フェイク冒険家」の違いを考える

      2017/09/01

matterhorn

このページは 本気で凄い日本の冒険家、何人知ってる? の続きです。

前のページで見たように、有名な凄い冒険家もいれば、まったく無名でもそれと同じかそれ以上に凄いことを成し遂げた冒険家もいます。

彼らに共通するのは「普通の人がやらないような事をやってみたい」という高揚した気持ちと「自分がまだ知らない新しい世界が見たい」という強い欲求。

たとえリスクがあると理解していても、それを抑えられないほどの衝動だと思います。

 

そういった人たちとは別に、「普通の人がやらない事をやっている」のは確かにそうなんだけど、「やっている内容を実際の何十倍も盛ってる人」、そしてマスコミなんかに「さも偉業のように取り上げられている人」っていうのが存在します。

本物と比べていったいどこが違うのか?

ここでは具体例を挙げて見ていきます。

 

冒険家を自称していない人でも、自分の行為を冒険と呼んでいたり、冒険家として紹介されていたりする場合はここに含まれることがあります。

スポンサーリンク

それって本当に凄いの?という人たち

「私はこの人たちを応援しているのに。失礼だな、君は!」という人はゴメンなさい。

でもね、違う。

違うんですよ……本物とは、明らかに。

 

野口健

野口健(1973~)はアメリカ、マサチューセッツ州ボストン生まれのアルピニスト。

1998年には25才でエベレストに登り、当時の七大陸最高峰登頂最年少記録を樹立した。

 

まず最初は、違いのわかるアルピニストとして有名なこの人。

「七大陸最高峰登頂最年少記録」でしょ!?

登山のことは知らないけど、かなり凄いんじゃないの!??

そんな声が聞こえてきそうです。

登山に特別な興味がない人はあまり知らないんじゃないかと思いますが、8,000m級などの極めて高い山を登る際には大きく分けて2つの方法があります。

1つは極地法といって、エベレストに登る一般人のほとんどがそうであるように、大勢のスタッフのサポートを受けながら登るスタイル。重い荷物はシェルパなどに持ってもらい、状況判断も人に任せることが多い。

もう1つはアルパインスタイルといって、一人もしくは少人数で動き、ガイドその他スタッフのサポートを受けないスタイル。荷物はすべて自分で持ち、状況判断も自分自身が行います。

簡単に言えば、他人の力を借りて登るか、自分の力で登るかの違いです。

コーヒーのテレビCMに登場以後、野口氏は本人自らアルピニストと名乗っているんだけど、アルピニストとは本来アルパインスタイルで山に挑む登山家のことであり、極地法で登る人のことではありません。

つまり野口健氏がアルピニストかどうかという質問に対しては明確に「NO」なわけです。

 

ちなみに故人ですが、日本で一番有名な冒険家・植村直己その人もエベレストに登った際に極地法を使っていました。

けれど、彼はエベレスト以外にも冬季マッキンリー単独登頂など実力を示す多くの実績があります。

野口氏の場合、七大陸最高峰登頂を達成するために必要だった技術や経験を持っているのはすべて雇われた回りのスタッフであり、お金さえ払えば(もちろん多少のトレーニングは必要ですが)誰にでも可能なこと。

レベル的には山登りの好きなその辺のおじさんと変わりません。

ただし、富士山やエベレストの清掃登山、海外戦没者の遺骨収集など、彼のその後の活動内容は評価されてしかるべきものがあると思うので、個人的には嫌いじゃありません。

むしろ素晴らしいと思います。

 

南谷真鈴

南谷真鈴(1996~)は2017年現在の七大陸最高峰日本人最年少登頂記録保持者。

七大陸最高峰に南北両極点の到達を加えたエクスプローラーズ・グランドスラム達成者でもある。

 

女子大生冒険家として昨年から今年にかけて一躍有名になった彼女も、野口健氏と同じで記録の対象となった山は全てガイドに連れられ、フルサポートを受けて登っています。

それでも「過去最年少の20才で達成なんて、ものすごい偉業じゃないか」という人もいるかもしれませんが、海外登山って準備にめちゃくちゃお金がかかります。

なので、そこにつぎ込める莫大なお金がある人(もしくはその莫大な資金を出してくれるスポンサーが付いている人)しか、そもそも挑戦できないんです。

つまり「難易度が高いから誰も出来ない」のではなくて「莫大な費用がかかるから誰も出来ない」わけです。

エクスプローラーズ・グランドスラムの条件である南極北極、両極点への到達も、何かすごい冒険をしてそこまで行ったわけでなく、彼女は極地ツアーに参加しただけです。

 

ツアーに参加して山に登ったり、南極や北極に行く人を冒険家と呼ぶことには違和感しかありません。

 

栗城史多

栗城史多(1982~)は「日本人初の世界七大陸最高峰の単独無酸素登頂」に挑戦しているということでNHKでも特集された若き登山家。

キャッチフレーズは「冒険の共有」。

 

彼に関しては、正直何から書いていいか迷うほど、ツッコミどころが多いです。

よく指摘されている部分としては、「七大陸の最高峰すべてに酸素ボンベ無しで挑戦するなんてすごいよね!」というイメージで売っていながら、実は「"エベレスト以外"の各大陸の最高峰って、高さ的にそもそも酸素ボンベは必要ない」ということ。

ツアー登山のお客さんならともかく、登山家を名乗る人でこれらの山に酸素ボンベを持っていく人はいないわけです。

そして各大陸最高峰の中で唯一、登山家でも酸素ボンベを使う人が多いエベレストには、過去7度挑戦して未だに登れていません…。

 

また、これよりさらに問題なのが、「単独ではないのに単独を偽装していた」という点。

彼の過去の動画や画像などを検証した人たちが何度も指摘していますが、栗城氏のエベレスト挑戦には何人ものシェルパが雇われ、ルート工作などを請け負っています。

そもそも彼は岩壁登攀に必要な技術などを何も持っていないので、(こっそりサポートを受けたりしない限り)「単独」で頂上にたどり着ける可能性はゼロだと言われています。

 

「冒険の共有」にしても、当初の彼は比較的多くの動画などを公開していましたが、単独ではあり得ないような矛盾点などを指摘されるうちにどんどん情報を制限、過去の動画も削除するようになりました。

近年はクラウドファウンディングなどを使って呼びかけ、一般の人からも計数千万円の資金提供を受けていましたが、その際に約束していた「情報の共有」がほとんど成されていなかったり、集めた資金の収支報告もされていないなど、多岐にわたっての問題点が指摘されています。

 

実は僕の友達でこの人のことをすごく尊敬してる人がいるんですけど、「こういう情報とか1つも知らないの!?」って思います。

少し検索すればいくらでもアウトな証拠が出てくるのに…

誰を好きでも人の自由なんだけど、これはちょっと共感できません。

 

まとめ

ここまで読んでくれた人は同意してくれるんじゃないかと思うんですが、有名な人っていうのは結局マスコミに取り上げられた人っていうだけで、「有名な人=すごい人」ってわけじゃありません。

無名でももの凄い冒険家は何人もいますし、まだ世に知られていない人の中にさらに凄い冒険家がいるかもしれません。

その人たちが「ただ正当に評価されてほしい」、僕が思うのはそれだけです。

 

そしてこの構図と同じように、その他の物事でも、マスコミの取り上げ方ひとつでそのものの見え方が変わる例はいくらでもあります。

多角的な目線を持つことって重要ですね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

KOUのおすすめ記事

1152 1
【欧州自転車編01】自転車で東欧を縦断し、アテネからバルト海を目指す

ギリシャの首都であるアテネはヨーロッパのほぼ最南端に位置しています。 そこからヨ ...

IMG_6598 2
【必見の超模型】製作に14年かけた手作りのエキスポタワーが凄すぎる

万博記念公園内のEXPO'70パビリオンで開催されていた「建築の記憶」展の様子を ...

1488 3
【北海道一周ヒッチ1】北海道を一ヶ月かけてヒッチハイクで回った話

これは僕が初めて日本国内を1ヶ月以上の長期で旅した時の話。 当時の日記と記憶を元 ...

banff-canada02 4
【異変の2017】世界のアウトドア映画祭「バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル」が今年は…

さて今日は祝日「山の日」ということで、山っぽい話題でいきます。 それがこれ、もは ...

IMG_0992 5
大阪渡船場巡り(1)自転車で川を渡る<地図・ルート解説あり>

  こんちには! 旅先でも地元でも、船に乗ると自然とちょっとテンション ...

 - 日本の冒険家


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です