ニコニコレンタカーの評判と料金を調査!各地で12回借りてみた。

      2019/01/18

car-rental

旅先でレンタカーを借りる場合、皆さんはどこを選んでますか?

トヨタ?オリックス?

僕はここ数年ニコニコレンタカーを使ってきました。

もちろん料金設定が明らかに格安だから。

でも安いとこって何か不安で……って思いますよね?

分かります。僕もはじめはそうでした。

なのでここでは地元大阪から旅先の離島まで、全国10ヶ所以上のニコニコレンタカーを実際に使った僕がニコレンの実際のところをレビューしてみたいと思います。

その前にまずはニコニコレンタカーの料金やシステムから。

スポンサーリンク

ニコニコレンタカー概要

ニコレン最大のメリットはやっぱり格安料金てことですよね。

トヨタやオリックス辺りと比べると半額近い格安の料金で借りることができますが、店舗によっては希望のクラスや車種が無い場合があります。必ず事前に確認して下さい。

 

車種、クラス

  • Kクラス……[ 軽自動車 ] ワゴンR、ムーヴ、ライフなど
  • Sクラス……[ 排気量1,350cc以下、小型普通車 ] ヴィッツ、マーチ、フィットなど
  • SPクラス……[ Sクラスの新車(3年以内)車両 ] デミオなど
  • Gクラス……[ 排気量1,351cc以上 ] キューブ、カローラなど
  • GPクラス……[ Gクラスの新車(3年以内)車両 ] プリウス、アクアなど
  • Fクラス……[ 7人乗り以上の1BOX、ミニバン ] セレナなど
  • T1クラス……[ 積載量500kg以下、軽トラック・商用バン ] ハイゼットなど
  • T2クラス……[ 積載量500kg以上、トラック ] ハイエースバンなど

 

料金表

この料金はニコレンメイトの会員価格。初期費用も年会費も無料なので、普通は皆100%会員になります。

クラス 6時間 12時間 24時間 延長料
K 2,100 2,400 3,600 1,050
S 2,200 2,525 3,800 1,100
SP 3,200 3,800 4,800 1,600
G 3,800 4,500 5,600 1,900
GP 5,000 5,800 7,200 2,500
F 6,200 7,600 9,400 3,100
T1 3,800 4,600 5,700 1,900
T2 6,200 7,400 9,400 3,100

ゴールデンウィーク(4/29~5/7)、夏季(7/15~8/31、北海道のみ7/1~)、年末年始(12/23~1/4)などはハイシーズン料金として24時間につき540円UPします。

※ハイシーズン期間は年度によって変わることがあります。

 

会員価格とは

ニコニコレンタカーには一般価格と会員価格があります。

会員になるとその日から「ニコレンメイト価格」で借りられるようになり、一般価格と比べて一割強安くなります。

入会金も年会費も一切無料なので、車を借りるならたとえ1回だけでも会員になった方が断然お得!

 

オプション料金

ニコレンで支払う金額はそれぞれのクラスの6時間、12時間、24時間料金を組み合わせたもの+オプション料金。

僕はいつもオプション無しなので時間料金だけですが、必要な人はどうぞ。

  • カーナビ:24時間540円
  • チャイルドシート:24時間540円(1歳未満用は店に用意が無いので、自分で用意する必要があります)
  • デジタルオーディオ用FMトランスリミッター:24時間540円
  • 免責補償制度:24時間1,080円
  • 免責補償プラス:24時間540円
  • 宅配レンタカー:片道1,340円、往復2,570円
    (希望の場所で車の受け取りや返却ができるサービス)

 

加盟店ごとの違い

ニコニコレンタカーの店はそれぞれ独立した加盟店なので、置いてある車種や送迎のアリナシ、営業時間なども店ごとに違います。疑問点がある場合は必ず事前に確認して下さい。

 

評判

ニコニコレンタカーの口コミを調べてみると結構辛口のコメントが見つかったりするので、今回はその内容をチェックしてみました。

 

車がボロボロだった

走行距離が10万kmオーバーの古い車だった。冷房が効かない、ナビも不具合で旅行が台無しに!

 

…というコメントがありました。

僕は今まで全国各地のニコレンで12回車を借りてますが、そんなボロボロの車は見たことが無いし、不具合のある車にも一度も当たったことがありません。

そもそも走行距離が多いこと自体は別に問題じゃないと思うし、多少古いからこそ格安なんだと思うんだけどなー。

 

傷一つで高額請求

借りたのはもともと細かい傷の多い車。凹ませたのは自分のミスだけど、7万円も請求されるのは納得がいかない!

借りる前に行う車体チェックの表に、細かい傷がたくさん記入されてるのも後で証拠として使うためだ。

 

…というコメントがありました。

いやいやいや、そもそもぶつけて凹ませたことが事実なら、修理費を支払うのは普通では?

その額が納得いかないと言うんなら、そこについて話し合うのは別に良いと思うんですが。

 

借りる前のチェック表に細かい傷がたくさん記されているのも、「その傷は以前から付いてました」って証明だから借りる側のメリットにしかならないし。細かい傷もちゃんとチェック表に載せている店って僕はむしろ安心できます。

 

実際に借りてみました

今回は長崎県の離島、対馬と壱岐への旅行中の足として、それぞれの島の店舗で借りてみました。

ニコレンは現在全国で1,500店舗以上。

たいがいのところなら近場に加盟店があるので利用しやすいのもメリットです。

 

予約

予約は電話とWebのどちらでもOK。

僕はフリーダイヤルの受付センター(9:00~21:00)に電話して予約しました。

分からないことも女性オペレーターが丁寧に説明してくれます。

僕はこれまで一番安いKクラス(軽自動車)をよく借りてたんですが、スーツケースや大型ザック有りなら大人2人、荷物が少なければ大人3人くらいまではこのクラスで十分です。

ただ万一衝突事故などがあった場合を考えるとフレームの強度的に軽より普通車の方が安心。

てことで最近はKクラスの1つ上のSクラス(料金も少ししか変わらないので)をよく借りてます。

 

オプションについてどうするか聞かれましたが、カーナビはスマホがあれば代用できるし、免責補償も僕は付けません。

もともと保険自体は掛かっているし、24時間で1,080円のオプションを付けても対物と車両の免責額50,000円(事故を起こした時に自己負担となる金額)がゼロになるだけなので不要と判断しています。

その代わりフェリーターミナルから店舗の位置が離れていたので、予約受付センターへの電話後、それぞれの店舗にも電話して送迎をお願いしました。

対馬空港店は無料送迎が基本、壱岐店は基本送迎無しなんですが、タイミング的に可能であれば有料で送迎を受け付けてもらえるそうです。

 

車両受け取り

IMG_5278

10月某日、博多港からフェリーに乗って対馬に到着。

あらかじめ送迎をお願いしておいたので、フェリーターミナルを出ると店の女性スタッフが迎えに来てくれていました。

車に乗り込んで20分ほどで対馬空港店に到着。ここで予約しておいた車両を受け取ります。

スタッフはもちろん店舗によって違うんですが、(意外にも?)基本どこも腰が低くて感じの良い人が多いです。

この店もそうでした。

 

僕は何年も前からニコレンの会員なので会員カードを出しますが、初めての人でもその場ですぐに作れます。

支払いはクレジットカードでも現金でもOK。

事務手続きをしている間に別のスタッフが車を回してきてくれました。

地味目な色のムーヴです。

ニコレンのKクラスはムーヴ率がかなり高め。

乗る前には店の人と2人で車両のどこに傷があるかのチェックをします。

これをすることで、車を返しに来た時に傷があった場合でも、その傷が借りる前からあったのかそれとも借りてから付いたものかの判断ができます。

ちなみに、僕はもうニコレンで10回以上は借りてますが、車を返しに来た時に傷を細かくチェックされた記憶は一度もありません。

もちろんぶつけたりした事も一度も無いですけどね。

 

返却時

運の悪いことにちょうど台風が接近。

フェリーが欠航して対馬滞在が一日延びることになりました。

「その分一日延長して借りられればなー」と電話してみると、2つ返事で快諾をもらいました。

ま、船が止まってるってことは次のお客が島に来れないってことだから、もし予約で一杯だったとしてもキャンセルで車空いてたはずだし当然といえば当然か。

 

その夜から明け方にかけてはかなり強い風が吹いていましたが、午前中には台風は遥か彼方へ。

することもないので昼からドライブに出てみると、山間部の方では大量の枝が道に落ちていました。

これが結構大きい物もあって、その上を走ると「ガン、ゴン」と枝がぶつかる音がする。

車体に傷が付かないかちょっとヒヤヒヤしてました。

返却時、「大丈夫だったかな…」と内心ちょっと気にしてはいたんですが、特に車体を細かく確認していた様子もないので、明らかな傷とかでなければそもそも問題視してないんじゃないかと思います。

その後またフェリーターミナルまで送ってもらって次の島、壱岐へと向かいました。

 

イレギュラーがあったら

car-rental5699

対馬滞在が一日延びたってことは壱岐滞在が一日短縮になったってことで、壱岐店にも前日にそのことを電話連絡したんですが、「全然気にしなくて良いですよー」ってこちらもとても対応が良かったです。

港と店の間は送迎を依頼。正確な金額は忘れましたが片道800円前後だったはず。

送迎は無料の店舗もあれば有料の店舗もあるし、やってない店舗もあるかと思うので、必要な場合は事前に必ず確認しましょう。

 

まとめ

僕はこの対馬と壱岐以外にも、長崎、福井、山口、小豆島、そして大阪でも何度も使っています。

ニコレンの最大のメリットはもちろん格安な料金ですが、店の人の対応が良いのも毎回満足してるポイントですね。

10回以上使っても今のところ一度も問題が発生したことが無いので、僕はこれからも当分ニコレン一択です!

 

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

人気の記事

自転車旅行の持ち物、装備 1
【自転車旅行の持ち物リスト】僕がヨーロッパ縦断した際の装備を公開します

このページでは、昨年僕がやった「自転車によるヨーロッパ縦断チャレンジ」の際の装備 ...

believer15 2
霊能者が告白した、心霊現象(スピリチュアル)の嘘とトリック。

アメリカの大物霊能者自身による暴露本「サイキック・マフィア」で明かされた嘘とトリ ...

インドカレー 欧風カレー スパイスカレー 違い 3
大阪で大流行のスパイスカレー!インドカレーや欧風カレーとの違いと特徴。

日本人の国民食とも言われるカレー。 分類の仕方によっていくつも系統があるけれど、 ...

自転車旅行の服装、ウェアの選び方 4
【自転車旅行の服装】これで安心!旅で失敗しないおすすめウェアと選び方

「よし、自転車で旅に出よう!」 そう決めたのは良いけれど、いったいどんな服装をし ...

アルバニア 観光 鎖国 ネズミ講 5
【欧州最後の秘境】不思議の国アルバニアの基礎情報

ヨーロッパで最も日本人が行かない国の1つ、アルバニア。 1990年代初めまでは鎖 ...

 - 旅行


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です