【南米徒歩編04】パイネ一周トレッキング 5日目~最終日

      2017/04/29

8541_s

雪の残る峠を越え、足元に広がる雄大なグレイ氷河を眺め、2つの大きな吊り橋を渡ってキャンプサイト Gray(グレイ)までたどり着いた4日目。

行動時間が11時間に及んだこともあってかなり疲れを感じたので、晩はしっかりと栄養と休息を取った。

 

スポンサーリンク

Day5 - Wの中心部、イタリアーノへ

オートミールにレーズンやナッツを入れたもので朝食を済ませた後、荷物を置いてキャンプサイトのそばにあるミラドール(展望台)に行ってみた。

 

8548_s

このミラドールからは昨日見た氷河の末端、グレイ湖と接するところが見える。

 

8545_s

湖に浮いている氷河のカケラが岸に流れ着いていた。
カップと酒があれば贅沢な氷河のロックが飲めたのに、手ぶらで来てしまったのが悔やまれる。

 

8550_s

一度キャンプサイトに戻り、荷物を背負って出発したのが10時過ぎ。

その直後、キャンプサイトに隣接する宿泊棟の脇で小さなキツネを発見。サイズは猫くらいだった。

 

8553_s

少し進んだ先にあった別のミラドール。ここからもグレイ湖が良く見える。

 

8556_s

prickly heath、日本名でシンジュノキ。
この植物もパイネ国立公園にはよく生えていた。

右肩に痛みが出てきたので小休憩を多めに取る。
この日もかなり歩いたからか、それとも昨日の疲れが取れていないのか。太腿も結構キテる。

気付くと首の後ろがヒリヒリしていた。
汗もかくし日焼け止めは何度も塗らないと。

 

8564_s

ペオエ湖が見えてきた。
湖畔には大きなホテルのような建物があり、その脇がキャンプサイト Paine Grande(パイネ・グランデ)になっている。

 

8566_s

14時頃、ペオエ湖畔の船着き場に到着。Wルートで回る人が初日に船でここまで来るケースも多い。
ベンチ代わりに座らせてもらって30分ほど休憩し、クッキーを食べてエネルギー補給。

 

8575_s

ペオエ湖はとても青かった。
写真では判りづらいが日本ではあまり見ないミルキーな青だ。

湖を左に回り込むように進んでゆく。

 

8576_s

ここからは山に向かって雄大な景色が続く。

 

8579_s

不思議な雲。
ラピュタに出てくる龍の巣のようだ。

 

8585_m

まるで巨大な要塞のようにそびえるクエルノス・デル・パイネ。
パイネを代表する山の1つ。
日本語に訳すと「パイネの角」。

 

8590_s

ペオエ湖の船着き場から3時間ほど歩き17時半を回った頃、この日泊まるキャンプサイト Italiano(イタリアーノ)に到着。
ここは無料なのでありがたい。

パイネの無料キャンプサイトには水の出る蛇口は無く、どこも川から直接水を汲むようになっている。

 

8596_s

屋根の付いたこの建物は、キャンプサイトの調理小屋。

狭いので調理が終わったらすぐにスペースを空ける配慮が必要だ。
食べる際は外に出て、ベンチは少ないので石とか木とか適当なところに座る。

 

夜、風が強くなってくると、木々の上をジェット機が通るような音が響いた。
音だけのことも多いが、一定の間隔でものすごい突風が来てテントがガタガタと揺れる。

MSRのテントは居住性が良い代わりに風に強い構造にはなっていない。
壊れやしないか心配しながらもいつの間にか眠っていた。

 

Day6 - 強風の中、やっとたどり着いたロス・クエルノスでなんと…

そして朝、何とか飛ばされず無事テントの中で目覚めることが出来た。
正直あんな風に耐えられるとは思っていなかったので、予想以上の耐風力と喜んでいたらポールが気持ち曲がっていた。
やはり限界が近かったらしいが、持ちこたえてくれただけありがたい。

 

8606_s

今朝はまずこの上にある Mirador Britanico(ミラドール・ブリタニコ)へ。
8時40分頃出発。荷物は置いたまま身軽になって登ってみた。

 

8611_s

登り始めて2時間、Mirador Britanico に到着。
その案内板に修正の跡が見える。

以前はここがキャンプ地で、さらに1kmほど上がミラドールだったらしいが、現在は立ち入り禁止のテープが張ってあってこれ以上は進めなくなっている。

 

8617_s

Mirador Britanico は人が乗れるような大きな岩がゴロゴロとしていて、雰囲気としては屋久島にある白谷雲水峡(苔は無いけれど)の太鼓岩近辺のようだ。

同じルートで周っているうちに顔なじみになったいつものドイツ人トレッカー達と記念撮影。
普通は下りる時の方が早いはずなのに、ここは帰りもキッチリ2時間かかった。

下りはどうしても関節に負担がかかる。
段々と右の足首と膝に痛みが出てきたが騙しながらいくしかない。

 

8629_s

Italiano に置いてきた荷物を回収して東へ。
見えてきた Lago Nordenskjöld もまたミルキーな色をした湖だ。

 

8637_s

イタリアーノの管理小屋に張ってあったボードには日々の風速が書いてあって、それによると昨日は時速69kmで今日は時速70km。
これは日本で一般的にいう風速に直すと約20mで「身体を60度に傾けないと立っていられない。子供は飛ばされそうになる。」レベルらしい。

実際風はかなり激しく、強く吹くタイミングでは動きを止めて踏ん張らないと男でも倒されそうになるほど。

 

上の写真を見ると湖の奥の方が白く霞んでいるのが分かると思うけれど、これは強風で湖面の水が巻きあげられているから。

パイネでは小雨が降ってきたかと思うと、それが巻き上げられた川や湖の水ということがよくあって、水面から数十メートル高い位置まで飛んでくることさえ普通にある。

 

8639_s

18時頃、この日のキャンプ予定地 Los Cuernos(ロス・クエルノス)に到着した。

ここはレストランまで併設したかなり大きなキャンプサイトだが、なんと人数が多すぎてキャパシティオーバー。

地面に直にテントを張るタイプの普通のキャンプサイトなら、人が増えても詰めれば何とでもなるが、ここはちょうど1つテントを張れるぐらいのウッドデッキが用意されているタイプなので決まった人数しかテントを張ることが出来ない。

おいおいどうすんの!?って感じで管理事務所の前には20人以上が詰めかけていた。

幸い仲良くしていたドイツ人カップルが早く到着して場所を確保していていたので、僕は彼らの取ったウッドデッキの脇にテントを張らせてもらうことが出来たが、どこにも場所が無い人たちはキャンプサイトを出るようスタッフに指示され、近くのビーチや山道でテントを張ったらしい。

何とかテントは張れたもののとにかく人が多く、キッチンはいくら待っても一切空く気配が無い。
仕方がないのでこの日は、夕食代わりにサラミをかじってはピスコを舐め、空腹をごまかして眠ることにした。

 

Day7 - 山上のキャンプ地、ラス・トーレスへ

5時半起床。
昨夜は遅くまでかなり騒がしい様子だったが、その分みんな朝も遅いらしい。

先に荷物をまとめ、6時頃キッチンに行ったら一番乗りだった。

昨夜食べるつもりだったパスタやマッシュポテトなどを作って食べ、ゆっくり紅茶まで飲み終わった7時半ごろからやっとキッチンが混みだしてくる。

日焼け止めもしっかり塗って、出発したのは8時20分頃。

 

8655_s

左側にそびえる山を観ながら2時間半ほど歩くと分かれ道に出た。
片方はキャンプサイト Chileno(チレーノ)への近道、もう片方は Hotel Las Torres(ホテル・ラス・トーレス)へ続く道。

名前が紛らわしいけど、今日の目的地であるキャンプサイト Torres(トーレス)とは別物。迷わずチレーノの方へ向かう。

 

8672_s

途中見かけた野鳥たち。

 

8684_m

写真はHotel Las Torres からのルートとの合流ポイントの少し先。
この壮大な渓谷の奥にあるのがキャンプサイト Chileno(チレーノ)。

 

8689_s

13時頃 Chileno 着。ここは国立公園の出入口からも近いので日帰りや1泊の人なども多い。
今回のサーキットで初めて日本人と出会ったのもここ。

 

8698_s

小一時間休憩。
左脚は相変わらず痛いが、クッキーやプラムでエネルギーを補給してもうひと頑張り。

ここからはひたすら登りになる。

 

8702_s

地図上では1.5時間の表記だったけれど、1時間ちょっとでキャンプサイト Torres に到着。ここも無料だ。

テントを張って休んでいると、いつものドイツ人たちに1km上のミラドール(展望台)行きを誘われたが、このトレッキングのハイライトとなる明日を少しでも左脚がマシな状態で迎えたいので遠慮させてもらった。

 

Day8 - 紅く染まるパイネの塔

午前4時にセットしていたスマホのアラームで起床。

周囲の暗闇の中でガサゴソいう物音があちこちから聞こえ、ライトの光が見える。
どうやらこのキャンプサイトに泊っていたほぼ全員が日の出を見に行くようだ。

ヘッドランプを点けて登っていくこと約1時間。
登りの途中、4日目の峠越えの際にカイロをあげたチリ人カップルとたまたま会い、一緒に見ることになった。

午前5時半頃、ついにこのパイネサーキットで最大の見どころに到着。

 

8709_s

目の前にあるのは押し出された氷河が解けて出来た湖とパイネの象徴ともいえる3つの頂き。

少し雲がかかってはいたが、それらが朝の光に照らされて輝く様子をただじっと見つめる。

カップルは持ってきていたジャック・ダニエルのミニボトルを僕にも回してくれた。
ほんの少しではあるけれど、最高の場所で飲む酒はやはり最高に美味い。

 

8722_s

しばらくすると背後から強い光が射してきた。

 

8727_s

徐々に帰る人が増えてくる中、僕らは完全に陽が昇り切るまでゆっくりと色合いの変化を堪能していた。

 

その後キャンプサイト Torres に戻り、荷物をまとめて9時ごろ下山を開始。

10時頃には Chileno まで戻り、その少し先で同じルートを歩くうちに顔見知りになった例のドイツ人たちと合流。

左足首の痛みが増していたが、話しながら下りることでだいぶ気が紛れて助かった。

 

8739_s

ここまで来れば公園出入口まであともう少し。

この Chileno 付近はテントを持たず宿泊施設に泊る人も多く、軽装で登ってくる人もよく目にした。

 

8742_s

11時過ぎ、通常ならトレッキングのゴールとなるホテル・ラス・トーレス(Hosteria Las Torres)のところまで下りて来たので、皆と一緒にしばし休憩。

彼らはここでミニバスを待ち、それに乗って初日に入園料を払ったアマルガ湖そばの管理事務所まで戻るようだけど、スタートからゴールまでの全行程を歩くと決めた自分はあともうひと頑張り。

小一時間程度の休憩の後、これまで抜きつ抜かれつ一緒に歩いてきた人々と別れ、ラスト7kmを一人歩く。

 

8750_s

ホテル・ラス・トーレス前を出てから1時間半。

ついにパイネ国立公園の出入口にして今回のパイネ・サーキットのスタート地点でもある管理事務所が見えてきた。

ここが僕のゴール。

3泊以上のトレッキングは初だったけれど、何とか無事に達成することが出来た。

 

Paso で泊まらず先に進んだのと Britanico がキャンプサイトではなくなっていたことで予定が2日短くなり7泊8日に。
総距離はおよそ141km。

一度拠点の町プエルト・ナタレスに帰って宿に預けていた荷物を回収した後、改めてここパイネ国立公園から最南端の街ウシュアイアに向かって歩く後半戦に突入します。

 

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

 - パタゴニア1000km徒歩の旅 ,


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です