【SOMA (ソーマ)|中津】大阪3強の一角!珠玉のスパイスカレー

      2018/08/16

中津ソーマSOMAカレー

中津方面は普段行くことが少ないんだけど、初めての通りを歩くといろいろ発見があって面白い。

今回のランチは久々にカレーの店。以前から名前は聞いていた「SOMA」へ向かう。

行列が当たり前の人気店らしく、開店15分前に着いた時にはすでに6人ほどが並んでいた。

 

soma03

店はまだシャッターが閉まっていて、パッと見は三丁目の夕日にでも出てきそうな昭和の潰れかけた駄菓子屋のよう。

人が並んでいなければ素通りしてしまうだろう。

幸い一巡目に入れたので開店と同時に店内に入ることができた。

 

soma02

店に入るとまず緑が多いことに気付かされる。土間から数段の短い階段を上がると、上は古い板張りになっていた。

アヴァンギャルドな絵が飾られていたりDJ用のターンテーブルが置かれていたりと何の店か分からなくなりそうだが、棚に並べられたスパイスの瓶と店内に漂うその香りがここがカレー屋だと教えてくれる。

50前後と見えるご夫婦ふたりでやっているようで、席はテーブル7席カウンター4席の計11席。

自分たちは厨房の目の前のテーブル席に案内された。

奥さんが水を配って回っているが、何故かこちらのテーブルだけメニューが置かれていない。水も来ない。

急かしても悪いと思い待っていたら今度は他の人たちの注文を取り始め、こちらも声を掛けるタイミングを失ってしまった。

結局僕ら以外全員の注文を取り終わった後、入店から10分以上経ってからやっと水とメニューを持って来てくれたんだけど、一言も無かったのがちょっとモヤモヤ。

で、僕が頼んだのはチキンキーマ+お肉のカレー(1000円)。

お肉のカレーはチキン、豚バラ肉、ラムキーマ、牛スジ肉、花山椒と豆腐の5種類の中から牛スジ肉を選択する。

オーケストラっぽい曲やヒーリング音楽などが流れる店内、会話をあまり良しとしない店なのか人の声はほとんどと言っていいほど聞こえない。

一人客の割合が多かったせいもあるが、みんな黙々と食べている。

 

チキンキーマカレー

早い客はもうそろそろ食べ終わる頃。

やっと出来上がった皿が僕らのテーブルにも運ばれてきたが、そのカレーを見た瞬間に思わず少し表情がほころぶ。

トマトと牛スジ、2種類のカレーの海の中に丸い型で盛られたライスが島になっている流行りのスタイル。

島の頂上にはコロコロとしたチキンキーマが鎮座している。

スパイスの香りも素晴らしく、これは旨そうだ。

写真を撮ってから早速いただく。

微かに色が付いたライスは五穀が入っているのかたまに違う食感が混じる。全体に硬めの炊き具合。

それとルーとを一緒にすくって口に運ぶと、真夏の太陽と海のような抜群のハーモニー。

スパイス感もバランスが取れていて非常に旨い。

これまでいろんな人気店に行ったが、その中でもトップクラスなのは間違いない。

 

辛さは5辛まで追加料金なしとのことで2辛にしてみたが、食べてみるとさほど辛くない。

次来るなら4辛にして、ちょっと辛めぐらいを試してみたいところ。

最初の接客でちょっとテンションが下がったものの、カレーそのもののクオリティで笑顔にさせられるとは…。これはきっとまた再訪あり。

[ 2014年12月訪問 ]

 

スポンサーリンク

店舗情報

ソーマ(SOMA)

住所:大阪市北区中津3-18-2

アクセス:地下鉄御堂筋線 中津駅から徒歩約4分

電話:06-7503-8217

定休日:金曜、日曜

営業時間:[月~木・土] 12:00~売り切れ次第終了

 

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

人気の記事

自転車旅行の持ち物、装備 1
【自転車旅行の持ち物リスト】僕がヨーロッパ縦断した際の装備を公開します

このページでは、昨年僕がやった「自転車によるヨーロッパ縦断チャレンジ」の際の装備 ...

世界の高地都市 ランキング 世界一 標高 2
世界の高山都市ランキング!世界一標高の高い町や村はどこなのか?

日本にも高地の町や村はあるけれど、世界には数千メートルもの高地に住む多くの人々が ...

IMG_4870 3
【IMAXレーザーGT】違いと感想。大阪エキスポシティで次世代を体感!

近年よく聞く「IMAX」とは。何かハイクオリティなイメージはあるけど実際のところ ...

ビリーバー 懐疑論者 4
旅人には何故ビリーバーが多いのか?懐疑論者のすすめ。

「ビリーバー」って単語を知ってますか? 英語の Believe からきていて、簡 ...

エビスビール 華みやび ロブション マイスター 種類 5
エビスビールの種類と違い「ロブション、華みやび、マイスター」を飲んで比較

ちょっと贅沢な国産ビールといえば、やっぱりサッポロのエビスビール(ヱビスビール) ...

 - 大阪ごはん ,


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です