旅男ライフ

旅する男のチャレンジライフ。自転車、山、ヒッチハイク、その他まだ書き切れないことも色々。とにかく興味のある事にあれこれ挑戦してます。最近は雑記も少し。

【MSRテント】ハバハバNXとエリクサー2、両方使って比較した。

   

hubba_vs_elixir

こんにちは、KOUです。

今回はMSRでも特に人気のテントであるハバハバNX(HubbaHubba NX)とエリクサー2(Elixir2)を、どちらも実際に使って旅した僕が比較してみたいと思います。

それではどうぞ。

スポンサーリンク

ハバハバNX vs エリクサー2

どちらもアメリカ発の人気ブランド、MSRの2人用吊り下げ式テントです。

比較されることの多いこの2つを、まずはそれぞれのデータから比べてみます。

 

スペック比較

ハバハバNX エリクサー2
総重量 1,720g 2,660g
最小重量
(フライ+インナー+ポール)
1,540g 2,120g
収納サイズ  46x15cm 51x17cm
面積(インナー+前室) 2.7+1.62m2 2.69+0.93m2
容積(インナー+前室)  1.217+0.481m3 1.274+0.510m3
販売価格(2017年6月現在)  59,000円(+税) 38,000円(+税)
フレーム  十字型フレーム 魚座型フレーム
その他  フットプリント別売り フットプリント付き

 

大きな違い

この2つの最も大きな相違点は、「重量」そして「価格」です。

総重量はハバハバNXが約1.7kgなのに対して、エリクサー2は約2.7kg。

荷物の軽量化をシビアに考える登山などで利用する場合、この1kgの差はかなりの違いに感じられるはずです。

違いが重量だけなら軽い方が良いのは当たり前ですが、重量が違うとその分価格も違ってきます。

軽量化タイプのハバハバNXが日本正規代理店価格で税別59,000円(フットプリントは別売り6,400円、2017年6月現在)なのに対し、エリクサー2の方は同じく税別38,000円(フットプリント込み)

同じ2人用テントを買うのにおよそ3万円の差額というのは結構な違いです。

じゃあ高い方が全てにおいて性能が上なのかというと、そう単純でもありません。

 

耐久性

フロアの材質はハバハバNXが30Dに対してエリクサー2が70D。(数字が大きいほど太い糸を使っています)

エリクサー2の方が重い分だけ太い糸、つまり厚みのある生地を使っているので丈夫になっています。耐水圧は共に3,000mm。

 

実際に使用してみて

僕はハバハバNXを南米パタゴニアで、エリクサー2を東ヨーロッパで、それぞれ長期の旅に使用しました。

使ってみての一番の感覚的な違いはフレーム構造です。

 

img_5085

ハバハバNXはメインポールが十字型になって天井面を支えていましたが、こちらの画像のエリクサー2はメインポールが2本。上部両端でクロスする形になっており、耐風性能もUP。

そしてハバハバの特徴である2つのドアと2つの前室はエリクサーにもそのまま引き継がれています。

どちらも非常に組み立てが簡単なので、テントの設営に慣れていない初心者の方にもおすすめ。

収納袋も大きめなので、適当に畳むだけで簡単に入るのも嬉しいところ。

 

こんな人におすすめ

ハバハバNXはとにかく軽量化にこだわる人に。

登山やトレッキング、徒歩メインの旅など、自分で背負って歩くのなら1kgの違いは大きいですし、収納サイズもエリクサー2より少し小さいので助かります。(ただし特に強風が予想される場合、おすすめはしません)

僕自身は南米パタゴニアでのトレッキング及び1,000kmウォークに挑戦する際にこのテントを持って行きました。

耐風能力が弱いんではないかという評判は聞いていましたが、パタゴニアの暴風にも何とか(一部骨組みが曲がったりとギリギリでしたが)耐えてくれました。

 

エリクサー2は自転車旅やバイクでのツーリング、オートキャンプなど、自分で直接背負わないスタイルに向いていると言えます。

何かしらの乗り物などに積んでいけるのなら、1kg程度は大した差にはならないし、こちらの方がフレームの造り的に耐風性能も上。生地も厚いので丈夫です。

僕も実際に自転車でのヨーロッパ縦断の際にこのエリクサー2を使用しましたが、およそ80日間4,000kmの行程も不具合なく乗り切ってくれました。

 

2つの共通点としてはテントの前後どちらからでも出入りできる便利な2ドア形式と、それに伴う2つの広い前室。

またどちらも組み立て簡単で、インナーテントがメッシュ構造のため涼しく、独特のカラーリングが人気です。テントは見た目も大事という人には特におすすめします。

 

 

 

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

KOUのおすすめ記事

1152 1
【欧州自転車編01】自転車で東欧を縦断し、アテネからバルト海を目指す

ギリシャの首都であるアテネはヨーロッパのほぼ最南端に位置しています。 そこからヨ ...

IMG_6598 2
【必見の超模型】製作に14年かけた手作りのエキスポタワーが凄すぎる

万博記念公園内のEXPO'70パビリオンで開催されていた「建築の記憶」展の様子を ...

1488 3
【北海道一周ヒッチ1】北海道を一ヶ月かけてヒッチハイクで回った話

これは僕が初めて日本国内を1ヶ月以上の長期で旅した時の話。 当時の日記と記憶を元 ...

banff-canada02 4
【異変の2017】世界のアウトドア映画祭「バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル」が今年は…

さて今日は祝日「山の日」ということで、山っぽい話題でいきます。 それがこれ、もは ...

IMG_0992 5
大阪渡船場巡り(1)自転車で川を渡る<地図・ルート解説あり>

  こんちには! 旅先でも地元でも、船に乗ると自然とちょっとテンション ...

 - アウトドア用品 ,


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です