コナコーヒー農園。グリーンウェルファームで日本語ツアーに参加してみた。

      2018/03/25

hawaii-coffee02

ハワイのお土産、といってまず名前が挙がるものの1つが「コナ・コーヒー」。

今回はハワイ島西岸のコナコーストに数百はあると言われるコーヒー農場・農園の中でも最大手の1つ、グリーンウェル・ファームズを見学してきたので、その様子を報告。

コーヒー意外のお土産もいろいろ有ります!

スポンサーリンク

コナコーヒーとは

コナコーヒーはハワイ島西岸の街、カイルア・コナ近郊の農園で作られるコーヒーの総称。

コナ地区でのコーヒー生産は180年以上前から行われており、現在は大小合わせると500を超えるコーヒー農園があると言われています。

世界最高峰と言われるあのブルーマウンテンに次ぐ高値で取引されている高級品。

 

グリーンウェル・ファームズ

ある土曜日、レンタカーを借りて行ってきました。

コナ国際空港からは片道約30分、ヒロ国際空港からだと片道約2時間の距離。

 

グリーンウェルファームズ ハワイ コナコーヒー農園

このグリーンウェルファームズは創業がなんと1850年。

今から170年近くも前で、これはまだハワイがアメリカに併合される前のこと。日本ならまだ江戸時代です。

コナでも最大規模の農園で、自社栽培だけでなく他の約300の農園からも収穫したてのコーヒー豆を買い取り、精製そして焙煎しています。

 

 

毎日8:30~16:00までおよそ30分間隔でファーム内ツアーをやってます。

施設は通りから奥まったところに位置するので、どこが農園の入口だかちょっと分かりにくい。

看板も出てはいるけど目立たないんで、車だと気付かずに通り過ぎてしうかも。注意深く探して下さい。

 

無料の日本語ツアーに参加してみた

車のまま敷地内の細い下り坂を降りていくと、何台か車が止まっているところを発見。

その前には建物の横に屋根を掛けただけのスペースがあって、コーヒーの試飲なんかが出来るようになっていた。

 

IMG_7339

紙コップと8つのポットが置いてあって、それぞれ違うコーヒーがテイスティングできるようになっている。

次の無料ツアーの時間も柱に掛けられたホワイトボードに書いてあります。

 

IMG_7341

ここグリーンウェルファームズには2017年現在2人の日本人女性がボランティアで働いていて、日本語ツアーもやっています。

今回はその1人、ケイコさんに案内してもらうことになった。

英語でのガイドもいいけれど、やっぱり日本語だと内容をしっかり理解できるのが嬉しい。

 

IMG_7351

では無料ツアースタート、ということでケイコさんに付いて奥へと進む。

 

古いコーヒーの木

これは農園で最も古い第一世代のコーヒーの木。

 

コーヒーの木

極わずかだけど今でも豆が出来ていた。

 

IMG_7356

コーヒー豆を袋詰めする作業場。今日はお休みなんで人もおらずひっそりとしている。

 

IMG_7369

その裏にあったのがコーヒー豆を浸けておく水槽。

 

IMG_7368

そして豆を選別するマシーン。

 

IMG_7368-1

高速でコーヒー豆を飛ばしています。

 

IMG_7370

この赤い屋根のすぐ下、家でいうと天井裏にあたるところに「干し棚」というのがあり、豆を干すようになっています。

屋根はなんと移動式で雨が降っても豆を濡らさない仕組みに。

 

IMG_7362

こちらは今の世代のコーヒーの木。

木自体が成長し過ぎてもいけないので、全体の1/3はバッサリと幹ごとカットされます。

1/3は一年休ませ、実を付けるのは毎年残りの1/3のみ。

 

IMG_7365

コーヒーの実は熟すと赤くなるので「コーヒーチェリー」と呼ばれている。

シーズンになると大量の人を雇って、全部手摘みでピッキングしていくそうです。

 

IMG_7367

これがコーヒーチェリー。

コーヒーの実がこんなに赤く色付くなんて今まで知らなかった。

 

IMG_7358-2

ふと見ると芝生に黄色い小鳥たちが。

サフラン・フィンチ(和名:キンノジコ)という南米原産のホオジロ科の鳥らしく、ハワイではオアフ島とハワイ島だけにいるんだとか。

 

IMG_7371

これは敷地にあったバナナの木。ぶら下がってる紫のやつは花です。

葉っぱが本当に大きくて、1枚で優に大人2人用の傘になりそう。

その他グリーンウェルファームズではたくさんの果物も植えていて、果樹園もあります。

 

カカオの木と実

園でラス1残っていたカカオの実。これは売り物じゃないんだって。

 

グリーンウェルファームズで買える物

20分ほどの日本語ツアーが終わり、最初の屋根のあたりに戻って来た。

 

IMG_7343

奥の棚にズラリと並んでるのはもちろん各種のコナ・コーヒー。

僕はチョコレートとマカダミアナッツの風味を足したコーヒーをお土産に購入。

 

ナッツ入りのチョコレートも売っていて、試食させてもらったらこれが激旨!!!

残り2袋だけだったけど、見かけたら即購入することをおすすめします。

 

IMG_7348

ここの自社製品ではないんだけど、欲しかった BIG ISLAND BEES(ビッグアイランドビーズ)の蜂蜜も置いていたのはありがたい。

向かって右手の階段を上がった建物の中ではTシャツやマグカップ、トートバッグなんかも売ってました。

 

カメレオン

その建物のテラスに出てみると…

目の前になんとカメレオンを発見!

この画像の中に「2匹」いるんですが…さて、どこでしょう?

 

まとめ

日本語ツアー希望の人はあらかじめ連絡して日本人スタッフさんの出勤日を確認しておくと安心。

てことで日本語対応OKのアドレスを載せておきます。

japansales@greenwellfarms.com

日本人だとUCCコーヒーの農場に行く人が多いですが、こっちはそこまで人も多くなくゆったりしてるのでおすすめです。

 

Greenwell Farms

住所:81-6581 Mamalahoa Highway, Kealakekua, Hawaii 96750

電話:(+1) 808-323-2275

定休日:無し

開園時間:8:30~16:00

 

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

人気の記事

太陽の塔 内部公開 1
【画像で解説】予約殺到の太陽の塔!内部の様子やグッズ一覧。

1970年の大阪万博以来、48年ぶりの内部一般公開ということで人気沸騰の太陽の塔 ...

自転車旅行の持ち物、装備 2
【自転車旅行の持ち物リスト】僕がヨーロッパ縦断した際の装備を公開します

このページでは、昨年僕がやった「自転車によるヨーロッパ縦断チャレンジ」の際の装備 ...

自転車旅行の服装、ウェアの選び方 3
【自転車旅行の服装】これだけあれば安心!旅で失敗しないおすすめウェアと選び方

「よし、自転車で旅に出よう!」 そう決めたのは良いけれど、いったいどんな服装をし ...

エビスビール 華みやび ロブション マイスター 種類 4
【エビスビール比較】ロブション、華みやび、マイスターの3種類を飲んで評価

ちょっと贅沢な国産ビールといえば、やっぱりサッポロのエビスビール(ヱビスビール) ...

帆船あこがれ セイルトレーニング 5
【帆船あこがれ1】和歌山沖、2泊3日の体験航海記!

こんにちは、KOUです。 今回は僕が以前、大阪市所有の「帆船あこがれ」で2泊3日 ...

 - ハワイ


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です