【ハワイ島ヒロ】ロコモコ発祥の店!? カフェ100のメニューと値段を調査

      2018/02/26

ロコモコ発祥の店 カフェ100

ロコモコ発祥の地、ハワイ島。そこで元祖と言われている店を知ってますか?

それが「カフェ100」。今回は主なメニューや値段も載せてます。

スポンサーリンク

ロコモコ(Loco Moco)の起源

ロコモコとは、ご飯の上に乗ったハンバーグの上にさらに目玉焼きを乗せ、そこにグレイビーソースをかけた、ハワイで広く一般的に食べられている郷土料理。

起源には諸説あるみたいなんですが、第二次大戦後すぐの頃にハワイ島のヒロ(Hilo)という日系人の多く住む街で生まれたことは間違いないようです。

一説によるとロコモコが生まれたのは当時ヒロにあった「リンカーン・グリル」という小さな店。日系二世のリチャード・イノウエとナンシー・イノウエいう夫妻が切り盛りする家族経営のレストランで1949年に考案されたとか。

ロコモコという名前はロコとモコという2つの単語から成り立っていて、「Loco」は最初に食べた地元アメフトチームの高校生のニックネーム「loco(クレイジーな)」と「locol(地元の)」のダブルミーニングのようで、「Moco」はハワイ語で「混ざる」という意味らしい。

今ではハワイの名物料理として、ハワイ島以外でも様々な店で食べることのできるロコモコ。

 

カフェ100(CAFE100)

一般的にはここがロコモコ発祥の店、元祖ロコモコの店と言われてます。

前述のリンカーングリルの方が先なんで正確には発祥の店じゃないんですが、同じ1949年からロコモコを出しているそうなので、「現存する中で最古のロコモコを出す店」っていうのが正しいのかも。

第二次大戦当時、差別的な扱いを受けていた日系移民の名誉回復のため、膨大な死傷者を出しながらもヨーロッパ戦線で戦い抜き、多大な功績を残したあの陸軍第100歩兵大隊の一員として従軍していたリチャード・ミヤシロ氏が終戦翌年の1946年に開いた歴史ある店で、店名の「100」はもちろん第100歩兵部隊から。

 

IMG_7204

昼過ぎの店はテイクアウトしに来る人が次々やってきてました。

脇にテーブルがいくつかあるのでこの場で食べることも出来ます。

 

IMG_7205

値段はハワイの平均より少しお安めな印象。

 

IMG_7209

この店は1980年代にロコモコを商標登録していることもあり、この看板を見て「ロコモコ発祥の店」と勘違いする人も多い(ガイドブックにも発祥の店と書かれてたりもする)けど、彼ら自身が当時同じヒロの街にあったリンカーン・グリルやメイズ・ファウンテンの方が先だと主張しています。

メイズ・ファウンテンは前述したリンカーン・グリルと並び「ここがロコモコの発祥かも」と言われている店で、現在はその店があった同じ場所に「Koji's Lunch Shop」というテイクアウト専門店があります。

ここはメイズ・ファウンテンのレシピをそのまま受け継いだロコモコを出しているそうなので、興味がある人はぜひ。

 

カフェ100のロコモコ

IMG_7211

そしてこれがカフェ100のロコモコ。

お値段安めだけあって玉子も1つ。

グレイビーソースが少なめだったんで最後はちょっとご飯が余りそうになったけれど、$3.55というロープライスが財布に優しい。

味の方は「めちゃくちゃ美味い!」ってわけでもないけれど、発祥の店とか歴史ある店の特別なメニューってだいたいそういうもの。

ここに至る歴史そのものに想いを馳せながら噛み締めることに意味がある。

 

カフェ100の主なメニュー

  • ロコモコ $3.55
  • ダブル・ロコ $6.80
  • スーパー・ロコ $6.99
  • キラウエア・ロコ $6.99
  • スパム・ロコ $4.30
  • ベーコン・ロコ $4.30
  • フライドライス・ロコ $4.30
  • カツレツ・ロコ $5.30
  • 親子orグリルドチキン・ロコ $5.30
  • クラムチャウダー&ツナサンド $5.99
  • ビーフシチュー $7.75
  • MIXプレート(フライドチキン&チョップステーキ)$7.80
  • グリルorミソ・サーモン $9.30
  • オックステールスープ $10.95

ロコモコのバリエーションがかなり多いけど、それ以外も結構いろいろある感じです。

 

店舗情報

 

Cafe100

住所:969 Kilauea Ave, Hilo, Hawaii 96720

電話:(+1) 808-935-8683

定休日:日曜

営業時間:[月~金] 6:45~20:30、[土] 6:45~19:30

 

ハンバーグ丼に目玉焼きを乗せたロコモコは今やハワイを代表する料理であると共に、日系人が考案したメニュー。

ハワイに行く度にまたいろいろ食べ比べてみたいと思います!

 

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

人気の記事

DSCF4291 1
【麓から富士山を登る1】0合目から江戸時代のルートを辿ってみた

こんにちは、Kouです。 今回は僕が富士山に登った時の話を書いてみたいと思います ...

自転車旅行の持ち物、装備 2
【自転車旅行の持ち物リスト】僕がヨーロッパ縦断した際の装備を公開します

このページでは、昨年僕がやった「自転車によるヨーロッパ縦断チャレンジ」の際の装備 ...

エビスビール 華みやび ロブション マイスター 種類 3
エビスビールの種類と違い「ロブション、華みやび、マイスター」を飲んで比較

ちょっと贅沢な国産ビールといえば、やっぱりサッポロのエビスビール(ヱビスビール) ...

ビリーバー 懐疑論者 4
旅人には何故ビリーバーが多いのか?懐疑論者のすすめ。

「ビリーバー」って単語を知ってますか? 英語の Believe からきていて、簡 ...

ウシュグリ 5
日本一標高の高い村と町。ヨーロッパやアメリカ、アフリカ他も調査。

前の記事で比べた通り、標高の高い順となるとどうしてもチベットと南米勢で埋め尽くさ ...

 - ハワイ


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です