ポーランドからフェリーでスウェーデンへ!北欧バルト海を船で渡る。

      2018/06/21

ポルフェリー バルト海 北欧 ポーランド

ポーランド⇔スウェーデン間を結ぶポルフェリーズ(Polferries)の船に乗ってきたので、船内設備その他の情報を共有します。

スポンサーリンク

ポルフェリーズ

こんにちは、KOUです。自転車での欧州縦断の旅の最後にフェリーを利用しました。

今回乗ったのはポーランド北部の港町グダニスク(グダンスク=Gdunsk)からスウェーデンの首都ストックホルムまで…と言いたいところところだけど、ストックホルム行きはそもそも無いのでその約60km南にあるニーネスハムン(Nynashamn)まで19時間の航路。

事前にダイレクトフェリーで予約済みです。

 

[ 関連記事 ]

ダイレクトフェリーの口コミと使い方。海外の船も日本語予約。

 

ニーネスハムン⇔ストックホルム間は一般旅行者の場合鉄道で。僕は自転車で向かいました。

 

航路

ポルフェリーズは現在3つの航路で運航しています。

グダニスク(Gdansk/ポーランド)⇔ニーネスハムン(Nynashamn/スウェーデン)

シフィノウイシチェ(Swinoujscie/ポーランド)⇔レネ(Ronne/デンマーク)

シフィノウイシチェ(Swinoujscie/ポーランド)⇔イースタッド(Ystad/スウェーデン)

 

グダニスク フェリー乗り場 ポルフェリーズ

グダニスクの街の郊外にあるフェリー乗り場。

アテネから80日間 4,000kmの旅の果てにやっとたどり着きました。

乗り物ナシなら写真の建物から2階通路を歩いて乗船するはずだけど、僕は自転車があるので建物には入らずに地上を写真右側へ進みます。

 

IMG_5186

進んで行くと、車やトラックと一緒に乗る人用のゲートがあります。

ここでパスポート(一応国際線なので)と共に自分の名前や予約番号の表示されているスマホの画面を見せ、予約している旨を伝えて無事通過。

紙のチケットなどは不要(持ってないけど)でした。

 

ポルフェリーズ ポーランド グダニスク

これが今回乗るポルフェリーの船、かなりデカいです。1万トンクラスはありそう。

車やバイク、自転車など、乗り物と一緒に乗り込む場合は接岸しているフェリーに向かって左端から。

 

ザッと見た限り自転車と一緒に乗るのは僕一人だけ。

乗組員に誘導され、車がたくさん停まっているエリアの隅の方、壁に自転車を立てかけて盗難防止用のロックをします。

サイドバッグは自転車に取り付けたまま、必要最低限の荷物だけザックに入れて背負い、上の客席エリアへ。

 

IMG_5217

想像していたよりも小綺麗な船内。

客室や指定席なしの一番安いチケットなので、適当に空いている席に座ります。

周りを見ると結構大きな荷物を持ってきている人も多く、中には寝袋を持っている人も。

一人旅だと荷物の管理が大変なんだけど、長旅で薄汚れたザックを漁られる可能性は低いと判断。席のキープも兼ねて置いたままデッキに上がってみました。

 

IMG_5200

既に大勢の人が出航の時を待っている。

 

出航

IMG_5193

午後6時の予定時刻をほぼ定刻通りに出発。

ここグダニスクからスウェーデンのニーネスハムンまで、バルト海を渡る19時間の船旅。

 

IMG_5206

遠ざかる陸地ってなぜか意味も無く見つめたくなる。

 

IMG_5207

夏だからなのかハーフパンツの男性が多い。

 

IMG_5188

日が暮れるまでにはまだあるので、みんな思い思いに船上の時間を過ごしている。

 

IMG_5192

デッキにはテーブルや椅子があって、ビールを飲んでいる人も多い。

 

IMG_5191

同じくデッキ上にあるドリンクやフードの売店。よく売れてました。

 

売店メニュー

フルーツジュース 3.5PLN
紅茶 6PLN
コーヒー 8PLN
ファンタ、スプライト、コーラ 7PLN
レッドブル 10PLN

本日のスープ 9PLN
ピッツァ 14PLN
ソーセージグリル 18PLN

ビールは4種類で9.5~12PLN

メニューは一部を抜粋。ちなみに1PLN≒30円です。

 

IMG_5204

ドーム屋根前の展望スペースから船尾側の眺め。

 

フェリー船内

IMG_5221

続いて船内の様子。

ここはメインのラウンジスペースなんだけど、本当はもうちょっと暗いです。

左は軽食やドリンクを注文できるカウンターで、右はカジノのテーブル。

女性ディーラー相手に数人の男性が勝負していました。

 

IMG_5232

大きな船なので船内にはディスコもあります。

節約モードだった僕は、船に乗る前に買っておいたパンとワインで軽い夕食を済ませ、人気が無くなってきた頃合いを見計らってラウンジ付近で就寝。

 

翌日

IMG_5234

日付変わって早朝。

あまりリクライニングしない椅子で寝た人、床で寝た人、ソファを確保できた人、みんなそれぞれ。

僕自身は普段野宿でも慣れてるので床寝、余裕でした。

絨毯が敷かれてるので硬くないし。

 

IMG_5224

日の出を見にデッキに出てみたらまだ誰もいなかった。

独り占めだ。

 

IMG_5223

午前5時40分、8月のバルト海で見る日の出。

 

IMG_5271

11時半を過ぎた頃。陸地がだいぶ近づいてきた。

ここはもうスウェーデン領。

 

IMG_5246

ニーネスハムンはストックホルムの玄関港であり、ヨットマンの集まる港。

 

IMG_5276

港へ向かうフェリーとは逆に、沖へ向かうたくさんのヨットとすれ違う。

 

IMG_5280

今回は自転車での旅だったけど、いつか帆のある艇での旅もしてみたい。

 

ニーネスハムン

さぁ、いよいよ到着。

 

ニーネスハムン スウェーデン 港

ポーランドからの国際線だけど、スウェーデンも同じEUのシェンゲン圏内なので入国審査は特に無し。

ただし通貨はズウォティからクローナになります。

 

このニーネスハムンからはあの魔女の宅急便の街のモデルにもなったと言われるゴットランド島へのフェリーも。

ストックホルムへはここから鉄道とバスが走っています。

 

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

人気の記事

自転車旅行の服装、ウェアの選び方 1
【自転車旅行の服装】これで安心!旅で失敗しないおすすめウェアと選び方

「よし、自転車で旅に出よう!」 そう決めたのは良いけれど、いったいどんな服装をし ...

欠航したら 海外 どうする 振替便 2
飛行機が欠航したらとるべき行動と、海外で振替便に乗った手順。

飛行機を使う以上、いつかは遭遇してしまうのが欠航の問題。 いざそうなってから焦ら ...

自転車旅行の持ち物、装備 3
【自転車旅行の持ち物リスト】僕がヨーロッパ縦断した際の装備を公開します

このページでは、昨年僕がやった「自転車によるヨーロッパ縦断チャレンジ」の際の装備 ...

帆船あこがれ セイルトレーニング 4
【帆船あこがれ1】和歌山沖、2泊3日の体験航海記!

こんにちは、KOUです。 今回は僕が以前、大阪市所有の「帆船あこがれ」で2泊3日 ...

茨木麦音フェスト 5
【2018年情報も】茨木麦音フェストに行ってきた!クラフトビールの音楽祭り。

大阪北摂は茨木市で開かれるビールとロックのお祭り「茨木麦音フェスト」。 以前から ...

 - 旅で役立つ知識


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です