【大阪万博】写真で見るエキスポタワー建設と解体の風景

      2017/08/11

IMG_6547-1

こんにちは、KOUです。

先日まで大阪の万博公園で行われていた「建築の記憶」展に行ってきました。

目当てはエキスポタワーの写真展。

以前から好きだったサイト、「エキスポタワー写真館」(今は無きエキスポタワーの撤去当時の様子を約8ヶ月間に渡って毎日撮影していて、一日ごとの変化を写真で見ることができます)の記録写真が展示されるということを知り、これはぜひ行ってみたいと思っていたやつです。

パネル展示された写真も非常に良かったんですが、14年かけて精密に再現された手作りのエキスポタワーがもの凄かった…!

合計100枚弱ほど撮ってきたので、行けなかった人は画像で確認してみて下さい。

スポンサーリンク

建築の記憶展 in EXPO'70 パビリオン

正式名称は「The Legacy of EXPO'70 建築の記憶-大阪万博の建築」といって、2017年3月25日~7月4日まで開催されていました。

会場は万博公園内にあるEXPO'70 パビリオン。元は鋼鉄館だった建物です。

 

IMG_6517

曇り空の下、大阪モノレールの万博記念公園駅に到着。

 

IMG_6518

大人250円の自然文化園入場券を買って公園内に入ると、太陽の塔を正面に見て右側の道を進む。

 

IMG_6519

数分歩くと見えてくるのがEXPO'70パビリオン。

さっそく入ってみます。

 

IMG_6523

特別展示はここから奥に入るようです。

この展示の入場料は400円で、同建物内でやっている常設展(200円)の入場券がある場合は100円引き。

1階フロアは万博当時にあった各国各企業の館の縮小模型などがあったんですが、写真撮影は不可とのことだったのでここでは端折ります。

特別展内部の階段を上がると2階はすべてエキスポタワーに関する展示でした。

まずはタワーが建てられた時の写真からじっくり見ていきます。

 

エキスポタワー建設風景

1970年1月から1971年3月にかけて建設作業が行われました。

ちなみに以下にある画像はすべて、写真撮影可の特別展2階で撮ったものです。

 

IMG_6529

簡単な説明と撮影時期が書かれたシンプルな展示。

月ごとの時系列に沿って並べられているので、気になるものは一枚ずつ見ていきましょう。

 

IMG_6530

昭和45年(1970年)1月着工。

当時ここは森を伐採したばかりのただの丘。写真が白黒なところが時代を感じますね。

 

IMG_6531

3月、深礎削岩中。

地上から穴の底へ向けてバケツが降りてきています。

 

IMG_6532

4月、ベース配筋。

穴の底に作業服を着た3人の男性が大の字で寝転がっているのが見えます。

 

IMG_6533

5月、B3Fスラブ配筋。

 

IMG_6534

6月の様子。

左が第一柱水平材取付。右は柱根巻コンクリート型粋。

 

IMG_6535

同じく6月、柱根巻コンクリート打。

巨大なタワーの基礎が徐々に出来てくる様子が分かります。

 

IMG_6536

7月、左がX型梁地組の様子。

右はタワークレーン建方。かなり大きなクレーンです。

 

IMG_6537

8月、タワークレーンベース盛替。

タワークレーンの上にヘルメットを被った3人の男性が見えます。

 

IMG_6538

9月、左はX梁取付中治具付タラップ。右は水平材取付け中。

どちらも足場の不安定な高所で作業をする男性の写真。

 

IMG_6539

「立換完了祭り」とキャプションが付けられ、真ん中の男性がボトルに入った液体を笑顔で柱の中心に流し込んでいます。

お清めの日本酒かな?

 

IMG_6540

9月、左はキャビン吊上中。右はそのキャビンを取付中の写真。

 

IMG_6541

9月、オープンデッキ吊上。

タワーの形がかなり出来上がってきています。

 

IMG_6542

12月、水平フレームペンキ塗。

支柱に跨ってペンキを塗る男性の姿が見えます。

 

IMG_6543

明けて昭和46年(1971年)1月、コーキング施工中。

画像中央に命綱を付けて作業中の人が見えます。

 

IMG_6544

3月、ついに完成したエキスポタワーの北面を写した一枚。

 

……とここまで書いてきて違和感が。

ちょっと待てよ…

さっきのモノクロ写真に付けられていたキャプションによれば、エキスポタワーの着工は1970年1月で竣工は早くとも1971年1月以降。

一方で万博の開幕は1970年3月。

…てことは……これじゃ開幕に間に合ってないじゃないか!?

wikiを確認してみると「エキスポタワーの竣工は1970年2月」と書いてあって、これなら開幕のひと月前だから辻褄が合う。

万博の開催中は色がシルバーだったとか、万博の入場券でエキスポタワーにも登ることが出来たとかの記述もあるので、万博の開催中にタワーがあったことは間違いなさそうなんだけど。

…ていうことはwikiが正解でこっちは間違い!?

けどエキスポタワーがメインの特別展示で、その重要な年月日を間違えることってある??

とりあえず以下続きますが、事実がハッキリしたらまた加筆予定です。

 

エキスポタワー概要

1970年3月15日から9月13日まで半年に渡って開催された大阪万博の用地の一角に建設され、太陽の塔と共に2つのシンボルタワーとして長く親しまれました。

エキスポタワーの高さは127mで太陽の塔の70mよりも高い。

1990年3月末までは内部のエレベーターで地上93mの展望キャビンに上がることができました。

wikiによると建設費は約8億円。

 

エキスポタワー解体風景

2002年8月から2003年3月にかけて解体作業が行われました。

当時の新聞記事によると、解体作業の完了は1970年の万博開幕の日に合わせて3月15日頃の予定となっています。

 

IMG_6548

ずらりと並べられたこのパネルは、すべて同じ場所・角度からのエキスポタワーの写真。

エキスポタワーに魅せられた近隣の男性の手で2002年8月1日から2003年3月15日まで、ほぼ毎日撮られています。

 

IMG_6549

全225枚の定点観測記録です。

 

IMG_6551

8月に外側のコンクリート塀を壊すところから始まった解体工事も、11月には巨大なクレーンが登場してついに本体が分解され始めました。

 

IMG_6554

上部がすでに撤去されている12月のエキスポタワー。

 

IMG_6560

大晦日の花火をバックにエキスポタワーの影が浮かび上がる。

 

IMG_6562

通路の突き当りにはこれも花火を背にした特大の一枚が。

 

IMG_6564

大阪の人間としてエキスポタワーには強い思い入れがあるので、この前に立った瞬間思わず背筋にぞくっ!としたものが来ました。

良い映画のクライマックスなんかで感じるあの感覚。

この光景がもう3次元で見れないのかと思うと切ないですね。

 

IMG_6565

1月にはもう半分以上撤去が進んでしまい…

 

IMG_6567

見る度ごとにタワーは姿を削られていく。

 

IMG_6569

2月に入るともうクレーンしか見えていない。

 

IMG_6570

そして写真は撤去作業の終了予定日だった3月15日で終わっています。

8ヶ月間、本当にお疲れさまでした。

 

IMG_6545

解体時のエキスポタワーに取り付けられていたと思われる航空障害灯。

 

IMG_6547-1

この展示のパンフレットとチケット、そしてエキスポタワーで使われていたであろうパネル。

高さ127mっていうと通天閣の108mよりも高いんですよね。

当初の構想では300mという案もあったらしいけど、予算などの関係でこの高さに落ち着いたんだとか。

老朽化のため解体され、跡形も無くなってしまったこのタワー。

もし「2025年の万博が大阪に決まったらエキスポタワーを復活させる!」なんてなったら相当盛り上がるんだけどなー。

 

続いてはこの定点観測写真を撮り続けたのと同じ人が、膨大な時間をかけて部品1つ1つから手作りしたエキスポタワーの模型が隣りのブースに展示されているのでそちらの方へ行ってみました!

【必見の超模型】製作に14年かけた手作りのエキスポタワーが凄すぎる

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

人気の記事

自転車旅行の服装、ウェアの選び方 1
【自転車旅行の服装】これで安心!旅で失敗しないおすすめウェアと選び方

「よし、自転車で旅に出よう!」 そう決めたのは良いけれど、いったいどんな服装をし ...

欠航したら 海外 どうする 振替便 2
飛行機が欠航したらとるべき行動と、海外で振替便に乗った手順。

飛行機を使う以上、いつかは遭遇してしまうのが欠航の問題。 いざそうなってから焦ら ...

自転車旅行の持ち物、装備 3
【自転車旅行の持ち物リスト】僕がヨーロッパ縦断した際の装備を公開します

このページでは、昨年僕がやった「自転車によるヨーロッパ縦断チャレンジ」の際の装備 ...

帆船あこがれ セイルトレーニング 4
【帆船あこがれ1】和歌山沖、2泊3日の体験航海記!

こんにちは、KOUです。 今回は僕が以前、大阪市所有の「帆船あこがれ」で2泊3日 ...

茨木麦音フェスト 5
【2018年情報も】茨木麦音フェストに行ってきた!クラフトビールの音楽祭り。

大阪北摂は茨木市で開かれるビールとロックのお祭り「茨木麦音フェスト」。 以前から ...

 - イベント・おでかけ


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です