【口コミ】キリン本搾りチューハイ飲み比べ+全種類?データまとめ。

      2019/06/14

IMG_5647-0

果汁とお酒だけで作られたチューハイとして人気のキリン本絞り。

一般的なチューハイが果汁数%程度なのに対し、本絞りは多い物だと60%が果汁というフルーティさが魅力。

僕も時々飲んでいるのでレビューしてみました。

値段も350ml缶で100円台前半と結構安いんだから売れるもの当然。売り上げは2018年までのここ最近6年間ずっと右肩上がりだとか。

季節ごとの期間限定品なども多く、いったい何種類あるんだろう?と思ったので果汁の%やアルコール度数などのデータまとめも一覧表に。

本絞りの特徴

香料、酸味料、糖類などが一切無添加。フルーツとお酒だけから作られています。

例えば「本絞りグレープフルーツ」なら原材料はグレープフルーツとウォッカのみ。

もちろん含まれている糖類はすべて果汁由来の自然なもの。

 

本絞り 逆さ缶

そのため成分が沈殿することがあるので、缶を開ける前に一度上下逆さにする「逆さ缶」という飲み方が推奨されてます。

お店で飲むような生搾りのチューハイを目指して開発された高果汁商品だけあって、フルーツ本来のナチュラルな甘さや酸味が持ち味。

甘ったるくないので食事にも合いやすいのが1つの売りになってます。

 

本絞り一覧表

アルコール度数や果汁率などはシーズンによって若干の変更がある場合がありますが、ここでは基本的に2019年1月現在最新版の数値を記載しています。

アルコール度数 果汁
レモン 6% 12%
オレンジ 5% 45%
グレープフルーツ 6% 28%
ピンクグレープフルーツ 5% 29%
パイナップル 5% 42%
薫りぶどう&芳醇りんご 4% 60%
スウィーティー&洋なし 4% 38%
夏柑(グレープフルーツ、オレンジ、はっさく、夏みかん) 5% 24%
秋柑(シークヮーサー、他数種) 5% 11%
冬柑(ゆず、すだち、かぼす、他2種) 5% 11%
四季柑(カラマンシー、他) 6% 15%
7種の贅沢ブレンド(グレープフルーツ、ライム、オレンジ、シークヮーサー、レモン、すだち、かぼす) 6% 11%
ライム 8% 11%
スウィーティー(&グレープフルーツ、りんご) 5% 27%
夏みかん&はっさく 5% 28%
はっさく(和歌山県産) 6% 28%
温州みかん 4% 33%
りんご 4% 50%

2012年~のリニューアル後のものだけ掲載。漏れている場合は適時修正していきます。

現時点でのレギュラー商品はレモン、オレンジ、グレープフルーツ、そしてピンクグレープフルーツの4商品。

これらのアルコール度数は5~6%ですが、過去の限定商品などでは4%や8%のものも。

 

本絞りは太るのか?

結論から先に言うと、本絞りだから太るとか太らないとかはありません。

水やお茶じゃないんだから何でも飲み過ぎれば太ります。

ただしビールやチューハイのカロリーの多くはアルコール由来のもの。アルコール由来のカロリーは血行の促進や体温上昇などで消費されるため、米やパンなどの炭水化物由来のカロリーと比べると脂肪として蓄えられることは少ないと言われてます。

参考までに原材料やカロリーなどを表にして、他のチューハイや発泡酒などと比べてみました。

 

原材料 カロリー
本絞り グレープフルーツ グレープフルーツ、ウォッカ 45
氷結 グレープフルーツ グレープフルーツ果汁、ウォッカ、糖類、酸味料、香料 48
淡麗 極上生 麦芽、ホップ、大麦、コーン、糖類 45
のどごし生 ホップ、糖類、大豆たんぱく、酵母エキス 37

※糖類は糖質(食物繊維以外の炭水化物のこと)の中の1グループ。カロリーは100g当たりの数値を表記。

 

本絞りの良さはやはりフルーツとお酒だけのシンプルな構成と、たっぷりの果汁による高い満足感。

とにかく安く酔いたい人じゃなく、フルーティで美味いチューハイを飲みたい人におすすめです。

 

実際に飲んでみた

実際に買って飲んで、味わってみた感想です。

 

グレープフルーツ

IMG_5647

本絞りの定番中の定番、それがこのグレフル。

アルコール度数は6%で果汁28%です。

 

IMG_5651

色味はまんまグレープフルーツ。

飲んでみます。

 

IMG_5652

飲んでみて分かるのが意外とウォッカを感じること。

そして本物のグレープフルーツジュースだと結構苦味も強かったりするんだけど、これは「苦い」と感じる二歩ぐらい手前の程よい苦味が良い感じ。

 

薫りぶどう&芳醇りんご

キリン 本絞り 薫りぶどう&芳醇りんご レビュー

果汁60%とこれまで発売された本絞りの中でも最も高比率。

 

IMG_5567

果汁と酒(主にウォッカ)だけで造られているのが特徴。

普通のチューハイは他に糖類や香料が入ってます。

 

IMG_5568

色味はりんごジュースのよう。

ホワイトベルグを買った時にもらったグラスでいただきます。

 

IMG_5570

味はめちゃくちゃフルーティ!

フルーティ過ぎて4%あるアルコールをほとんど感じないほど。

入ってる量的にはぶどうの方が多いんだけど、味と薫り的にはりんごの方が勝ってるかな。

とにかく飲みやすいんで、これなら本当にお酒が苦手な人でも飲めそう。

 

 

この記事をシェアする!

人気の記事

DSCF4291 1
【麓から富士山を登る1】0合目から江戸時代のルートを辿ってみた

こんにちは、Kouです。 今回は僕が富士山に登った時の話を書いてみたいと思います ...

自転車旅行の持ち物、装備 2
【自転車旅行の持ち物リスト】僕がヨーロッパ縦断した際の装備を公開します

このページでは、昨年僕がやった「自転車によるヨーロッパ縦断チャレンジ」の際の装備 ...

エビスビール 華みやび ロブション マイスター 種類 3
エビスビールの種類と違い「ロブション、華みやび、マイスター」を飲んで比較

ちょっと贅沢な国産ビールといえば、やっぱりサッポロのエビスビール(ヱビスビール) ...

ビリーバー 懐疑論者 4
旅人には何故ビリーバーが多いのか?懐疑論者のすすめ。

「ビリーバー」って単語を知ってますか? 英語の Believe からきていて、簡 ...

ウシュグリ 5
日本一標高の高い村と町。ヨーロッパやアメリカ、アフリカ他も調査。

前の記事で比べた通り、標高の高い順となるとどうしてもチベットと南米勢で埋め尽くさ ...

 - 逸品レビュー


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です