【ナギサビール】みかんエール、アメリカンウィートの味を飲んで評価する。

      2019/02/15

IMG_2730-1

和歌山県、白浜の地ビールと言えば「ナギサビール」。

今回現地まで行ったんで、実際に飲んでその風味を調査してきました!

ナギサビール

ナギサビールは1997年から地ビールを製造している和歌山県白浜町の会社。

元々「渚」という屋号は現代表の祖父が旅館を始めた時に付けられたもの。父の代では理髪店にその名前が引き継がれ、今はビール製造会社の社名そしてブランド名になっています。

 

レギュラービール

  • ペールエール
  • アメリカンウィート
  • インディアンペールエール

 

限定ビール

  • みかんエール
  • ゴールデンエール
  • アンバーエール
  • ヘヴン
  • アイパッチスタウト

今回はレギュラービールから「アメリカンウィート」、そして限定ビールから「みかんエール」を飲んでみました。

 

みかんエール

IMG_3040

麦芽をふんだんに使用した麦汁に有田みかんの皮、そして早和果樹園の高級みかん果汁「味まろしぼり」を加えて発酵させた「みかんエール」。

 

IMG_3039

アルコール度数5.5%、麦芽使用比率50%超、容量330ml。

 

IMG_3038

ビアグラスよりもこちらの方が合いそうだと思いワイングラスを用意。

それでは開けてみます。

 

IMG_3041

蜜柑の色合いが強く出ていてちょっぴり濁っている。

さっそく飲んでみると、フルーティなんだけれども甘すぎない絶妙のバランス。

変にジュースっぽくなってないところが良いし、後味が大人。

 

 

アメリカンウィート

IMG_2725

こちらのアメリカンウィートは、世界最高峰と言われるチェコのアロマホップ「ザーツ」を使用した小麦麦芽配合のビール。

名前にアメリカンと付いているのは、おそらく小麦の産地から。

 

IMG_2726

アルコール度数はみかんエールと同じ5.5%、容量330ml。

 

IMG_2727

ナギサビールのキャップには白浜にちなんでか、腰掛けた姿勢の人魚があしらわれている。

 

IMG_2729

それでは栓を抜き、飲んでみます。

 

IMG_2730

小麦を使ったビール特有の軽さがあるが、良い意味で軽すぎない。

ビールの苦味が苦手な人でも飲みやすいビール。

非熱処理で無ろ過のビールのため、薄くモヤが掛かったように見える。

 

 

コクを感じるビールが好きな人はこちら。

ナギサビールで一番人気の「ペールエール」。

 

直営レストラン バーリィ

追記予定です。

 

工場見学

ナギサビール株式会社

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町2927-220

電話番号:050-3820-8958

見学可能時間:9:00~17:30(水曜定休)

 

建物正面にはウッドデッキのオープンテラス席があって、そこでビールが飲めるようになっています。内部には木の長いカウンターも。

ここで製造されたナギサビール各種が飲める上に、予約なしでも工場見学が可能。(10名以上の見学は事前に電話で要予約)

見学は無料だけど大手のような無料試飲は無し。

バスで行く場合はバス停「三段壁」から1.2km、徒歩で約15分。

 

この記事をシェアする!

人気の記事

自転車旅行の持ち物、装備 1
【自転車旅行の持ち物リスト】僕がヨーロッパ縦断した際の装備を公開します

このページでは、昨年僕がやった「自転車によるヨーロッパ縦断チャレンジ」の際の装備 ...

ダイレクトフェリー 海外 日本語予約 2
ダイレクトフェリーの口コミと使い方。海外の船も日本語予約OK。

ダイレクトフェリーズは世界各国の700港近く、2,500路線以上の航路を走るフェ ...

インドカレー 欧風カレー スパイスカレー 違い 3
大阪で大流行のスパイスカレー!インドカレーや欧風カレーとの違いと特徴。

日本人の国民食とも言われるカレー。 分類の仕方によっていくつも系統があるけれど、 ...

自転車旅行の服装、ウェアの選び方 4
【自転車旅行の服装】これで安心!旅で失敗しないおすすめウェアと選び方

「よし、自転車で旅に出よう!」 そう決めたのは良いけれど、いったいどんな服装をし ...

アルバニア 観光 鎖国 ネズミ講 5
【欧州最後の秘境】不思議の国アルバニアの基礎情報

ヨーロッパで最も日本人が行かない国の1つ、アルバニア。 1990年代初めまでは鎖 ...

 - 逸品レビュー


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です