【漁師の店】北海道稚内市のライダーハウスで海鮮&夜の宴!

      2018/05/23

DSCF1442

この店があるのは北海道最北の地、稚内市。

最北端で有名な宗谷岬…から南西に約30km、ノシャップ岬のほぼ先端に位置している。

僕がヒッチハイクで北海道一周してる途中に立ち寄った場所の中でも特に思い出深い場所の1つ。

スポンサーリンク

漁師の店

ここはガチの漁師さんがやっている食堂兼ライダーハウス?なので食事が新鮮で美味い。

ライダーハウスっていうのは主にバイクに乗って旅する人が集まる安宿のことで、夏の北海道では各地でいろんなライダーハウスが営業している。

あ、ライダーハウスって名前だけど別にバイカーしか泊まっちゃいけないわけじゃなくて、自転車で旅するチャリダーや徒歩旅の人、レンタカーや公共交通機関でも、旅の足は別になんだってOK。

 

実際に泊まってみた

僕が泊まった9月後半のその日、同じくこの宿に泊まったのは13人。ほぼ全員が北海道一周中の旅人だ。

比率はバイカーとチャリダーがちょうど半分ずつぐらいで、ヒッチハイカーは自分一人。

レアキャラな僕はヒッチハイクのことをいろいろ質問されたりもして、これまでの旅の履歴がわかるスケッチブックが大人気だった。

みんなここへ来た記念に壁や天井にメッセージを書いている(もちろん宿公認)ので僕も書いてみた。

いつか必ずまた行こうと思ってるんだけど、その時に残っていたら感慨深い。

夕食まで部屋でのんびりしようかと思っていたけど、そろそろ日没の時間なのでみんな岬の方へ見に行くという。徒歩数分とのことなんで僕もついて行くことにした。

 

ノシャップ岬からの夕日

DSCF1445

ここは日本本土の最東端、根室の納沙布岬(のさっぷみさき)と名前が似ているが、野寒布岬と書いてノシャップ岬と読ませる。

雲は多いが西の水平線の方はギリギリ空が見えているので、なんとか大丈夫なことを祈る。

周囲の写真を撮ったり、話をしたりして皆その時を待った。

ちなみにここ稚内の9月後半の日没時刻は17時半頃。この時期は大阪も日没が18時頃と30分ぐらいしか違わないが、もっとも早く日が沈む12月上旬だと大阪の16時50分頃に対して15時50分頃。

一時間の差も大きいけど、15時台に日が沈むなんて何か凄い。さすが最北の地。

 

DSCF1451

南側に灯台があった。

少しずつ沈んでゆく太陽と刻一刻とその姿を変える雲。

みんな夕陽に向かってカメラを構え始めた。

 

DSCF1450

雲に邪魔されて惜しくもその瞬間は見えなかったけど、それでも十分に美しい。

見に来てよかった。

 

DSCF1453

雰囲気があまりにも良くて、僕は陽が沈んでしまった後もしばらくその場を離れることができずにいた。

 

DSCF1455

帰り際にも何度も後ろを振り返る。だんだん濃くなる赤がとても美しく見えた。

 

賑やかな夕食

宿に戻るとちょうどごはん時。

「メシが美味い」との評判を聞いてこの宿に来ただけに、いったい何が出てくるのか楽しみにしつつ1階の食堂へ集合する。

そして…

来ました、ちゃんちゃん焼き!

ちゃんちゃん焼きは鮭などの魚と野菜を一緒に焼いて味噌で味付けした北海道の郷土料理

漁師の店で出る魚料理が美味くないはずがなく、さらに久しぶりに大勢で食べる食事なんで+αよけいに美味い。

同じテーブルに付いた北大コンビのチャリダー君とも仲良くなった。

 

温泉、そして飲み会

食事が終わると「みんなで温泉に行くよ」と声がかかる。店の車で送迎してくれるのがありがたい。

ワンボックスカーで2往復してもらい、日本最北の温泉「童夢(ドーム)」へ。

人数が多いので懐かしの修学旅行気分。銭湯では露天がちょっとした貸し切り状態になってしまった。

 

帰りに寄ってもらったコンビニで思い思いに酒を買い込み、戻ったらすぐに飲み会がスタート!

チャダー、ライダー、出身地もバラバラ、中には60代のお父さんもいたけれど、でも全員旅が好きな奴らばっかり。話は嫌でも盛り上がる。

いつものスケッチブックにみんなで書いてくれた寄せ書きのメッセージが嬉しかった。

 

DSCF1456

仕事を終えて途中から混ざった店の大将や奥さんも気さくな人たちで、一緒に楽しい酒を飲むことができた。

旅人たちと語らうにはほんと最高の店。居心地良すぎでしょ!

 

翌朝

DSCF1457

翌朝出発前に撮った集合写真。

9月後半の北海道最北端で僕だけタンクトップだけど、日中はこれでも大丈夫なくらい意外にも暖かい。

 

店舗情報

漁師の店

住所:北海道稚内市ノシャップ2丁目3-8

電話:0162-22-0303

定休日:不定休(1~4月中旬は冬季につき休業)

食堂としての営業時間:8:00~17:00

 

食堂としても営業してるので、もちろん食事だけでもOK。

1泊2食付きで僕が行った頃は2,000円だったけど、2018年現在は2,500円のはず。

みんなでワイワイしたい派の人には断然おすすめの宿です。

 

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

人気の記事

自転車旅行の服装、ウェアの選び方 1
【自転車旅行の服装】これだけあれば安心!旅で失敗しないおすすめウェアと選び方

「よし、自転車で旅に出よう!」 そう決めたのは良いけれど、いったいどんな服装をし ...

欠航したら 海外 どうする 振替便 2
飛行機が欠航したらとるべき行動と、海外で振替便に乗った手順。

飛行機を使う以上、いつかは遭遇してしまうのが欠航の問題。 いざそうなってから焦ら ...

自転車旅行の持ち物、装備 3
【自転車旅行の持ち物リスト】僕がヨーロッパ縦断した際の装備を公開します

このページでは、昨年僕がやった「自転車によるヨーロッパ縦断チャレンジ」の際の装備 ...

帆船あこがれ セイルトレーニング 4
【帆船あこがれ1】和歌山沖、2泊3日の体験航海記!

こんにちは、KOUです。 今回は僕が以前、大阪市所有の「帆船あこがれ」で2泊3日 ...

茨木麦音フェスト 5
【2018年情報も】茨木麦音フェストに行ってきた!クラフトビールの音楽祭り。

大阪北摂は茨木市で開かれるビールとロックのお祭り「茨木麦音フェスト」。 以前から ...

 - 北海道一周ヒッチの旅


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です